« 若松孝二と阿部薫 | トップページ | オランダのテナー・マン Ruud Brink »

2005年9月12日 (月)

『Paul Gonsalves / Boom-Jackie-Boom-Chick』

boom_jackie_boom_chick
  『Paul Gonsalves / Boom-Jackie-Boom-Chick』
     UK Vocalion LAE 587    rec.1963




ポール・ゴンザルベス 一世一代のアルバムではないだろうか。
A1のエキゾチック感もさることながら、全体にゴンザルベスらしくない(?)
モダン・テイストに圧倒される。
テナー・カルテットものの私的ランキングでも絶えずベスト5に入る、
お気に入りのアルバムである。

10年ほど前に、知人に聴かされ、ノックアウト。
必死で探すことになったのだが、意外と直ぐに手に入れることができた。
当時の価格で£300程度。これでも「高いなぁ..」と思っていた。

余談だが、このころ『スイング・ジャーナル』の「売ります」コーナーに
本盤が出たこともある。
売り主はイギリス人だったが、かなり高かった記憶がある。
何人の方が関心を持っただろうか?

先日、友人(廃盤店 店主)とたまたまこのアルバムについて話をしていたら、
  「これ、今とんでもない値段で動いとるで。昔はぎょうさん売ったが、
   最近仕入れるのに苦労するわ。東京じゃ○○万でも売れるそうや」
確かに彼は以前よく仕入れていた。
6~7年ほど前までは10万円でおつりがあるくらいだったが、クラブ・シーンで
火がつきどんどん値上がりしたとのこと。

この話をきいて、「これ売ったらぎょうさんCD買えるなぁ....」と
悶々としている今日この頃である。

|

« 若松孝二と阿部薫 | トップページ | オランダのテナー・マン Ruud Brink »

コメント

確かに、昔98000円くらいでよく出てましたね。何回か注文しましたがいつも品切れでした。と言う事で未だに入手できず。。。

投稿: TEMPO | 2005年9月12日 (月) 20時55分

関西方面では早くから人気ありました。
最初のころは「これ買え」って言ってたくらいなのに、ある時から「あれないの?」に変わりましたもの。

投稿: MOJO | 2005年9月13日 (火) 00時45分

先日ヤフオクに出品されていたのでウォッチしていたが、30万で入札がついてビックリ!!
そんな高額でも動くのか...
手放そうかなぁ...

投稿: MOJO | 2005年10月25日 (火) 16時26分

海外オークションでも2000$近くしてますもんね、もう買えません。。。

投稿: TEMPO | 2005年10月26日 (水) 23時12分

海外オークションでも2000$近くしてますもんね、いつか買うぞ~、と思っておりますが無理かな。。。

投稿: TEMPO | 2005年10月26日 (水) 23時14分

海外オークションでも2000$近くしてますもんね、通して聴いた事がないのですがメチャクチャ内容良さそうなのでいつか買うぞ~、と思っておりますが無理かな。。。

投稿: TEMPO | 2005年10月26日 (水) 23時15分

世界中のレーベル、ディストリビューターがCD化版権を血眼で探しているようです。
なかなか見つからないのが現状とのこと。
P-Vineあたりが見つけそうな気がするんですがねぇ。
30万円は少し高過ぎですね。

投稿: MOJO | 2005年10月28日 (金) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/5906504

この記事へのトラックバック一覧です: 『Paul Gonsalves / Boom-Jackie-Boom-Chick』:

« 若松孝二と阿部薫 | トップページ | オランダのテナー・マン Ruud Brink »