« 澤野履物店とアトリエ澤野 | トップページ | ベント・アクセンのジングル・ベル »

2005年9月16日 (金)

レーベル・コンプリート

以前のことだが、レーベル・コンプリートにハマった時期があった。

手始めに選んだレーベルが、「Candid」、「Debut(US)」だった。
まったくもって趣味が悪い。
ホンネを言うと、カタログ数も少ないし、何といっても当時の自分の
経済力に合った選択であった。
ミンガスは一時期好きだったんで、それなりの選択であったが...

「Candid」についてはLPのみだが、ブルースも含め比較的早く完了。
「Debut」は、やっている最中にSPとEPを数種手に入れたものだから、

 「こうなったら、Debut の全てのフォーマットをやってやる。それで
  こそコンプリートちゅうもんや」

となった。

いろいろ調べ、12inchが9枚、10inchが17枚、EPが2枚、SPが12枚
との情報を得た。
買っても聴くことはないだろうと思うものもあって気分が乗り切らず、
コツコツとやっていたので随分時間がかかったが、90年代半ば過ぎ
ころ、何とかSPがあと2枚というところまできた。

DebutDiscography
このころ、Uwe Weilerなるドイツ人が編集した「Debut」
のディスコグラフィが出版され手に入れる。
日本人も重箱のすみをつつかせば相当なものだが、
ドイツ人も負けていない。

  『The Debut Label / Uwe Weiler』


 『オートバイオグラフィ・イン・ジャズ』のレーベル及びジャケは2種ある。
   マイルスの『ブルー・ムーズ』とミンガスの『ボヘミア』には溝ありがある。
   一部の10inchは材質が2種ある。当然ビニールのほうが音が良い。
   通販だけで売ったバブズ・ゴンザレス名義の7inchのSPがある。

などなど...もちろん全面的に信じた訳ではないが、

 「なんやとぉー....マイルスも溝ありがあるってか?
  ほんでもって、オムニバス盤にはラベル違い(曲順表記違い)が
  あるってか? ジャケ違いは知っとったけどなぁ...。
  それより、通販だけの 7inchのSP ってなんやねん???
  そんなものほんまに存在するのかいな?
  果てしない話や...ほんまに...
  それにしても、ただでさえどうでもいい内容の多いレーベルやのに
  持ってないのは輪をかけて全くどうでもいいものばかりや。
  もうええかげんにしとかなあかん。」

となる。  当然の成り行きである。  (まっとうな人間であればだが...)

同じ頃、BLUE NOTE も頑張っていた。
レギュラーの12inch、10inchは金しだい。
でも、本当の意味のコンプリートなんてデキないだろう。
だって、regular issue のオリジナルだけに限っても「single only issue」
なんて何種あるか判らないし、一部のEP、初期のSPは結構難しい。
真の意味でのコンプリートとなると、未発表のテストプレス、4000番台後期
のDJ用モノラル盤、セールスマン用サンプルLPなどなど。
その上、stereo/mono、あらゆるパターンのラベルもターゲットに入れなきゃ
という奴もいる。
実際に、このレベルを目指す、大バカがManhattanにいるが...

いよいよもって、レーベル・コンプリートに飽きた。
実際のところは"GIVE UP"だが。

この頃から、レコードの買い方が変わってきた。
「珍しいだけのものはいらん。好きな内容のものだけを買う。」
レコード・ジャンキーから、やっと少しだけ抜け出せたということだ。
ほんとに少しだけだが。

世界規模のインターネット・オークションが普及している昨今、
金さえ出しゃぁ何でも手に入るようになった。
もちろん知識と好奇心と情熱は必要だが。

でも、「闇雲に集めているとロクなことはない」というのが実感である。
レコードが増えると、部屋も臭くなるしね。

レコードをレーベル別の番号順に並べると、ろくなことないですよ。
空き番号は絶対埋めなきゃならんもんね...と なりまっせ!

えっ、あなたはミュージシャン・コンプリートでドツボですか....
ご愁傷さまです。

<<追記>>
98年頃、eBayというネット・オークションの存在を知り、自分の英語力に
不安を抱きながらも参加した。
参加直後、あまり意識していた訳ではないが、くだんの「7inch SP」を発見。
「ほんとに存在するんや!!」 ということで、どうしても実物を見てみたくなり、
おもいっきりbidした。(bid値はナイショ)
世界中にバカな好事家は私ぐらいだったのか、私の1bidのみ$19.99で終了。
数週間後、手元に届く。
「7inch SP」なんて半信半疑だったが、確かに材質はSPと同じ。
でも回転数は45rpmだった。
いわゆるシングル盤である。
内容はR&B or Bluesってところ。
かのドイツ人はこの素材からSPと表記したのだろう。

確かにレアーであるが、まったくどうでもいいレコードである。
(せっかくなんで画像を...)

BabsGonzalesDebut45
『Babs Gonzales, Babs Five Rocks And Roll』

   BAB-001 Voila Pronounced Wal-La
   BAB-002 No Fools - No Fun



もちろん、あと2枚となっているたDEBUTのSPも、手にいれていない。

|

« 澤野履物店とアトリエ澤野 | トップページ | ベント・アクセンのジングル・ベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/5971730

この記事へのトラックバック一覧です: レーベル・コンプリート:

« 澤野履物店とアトリエ澤野 | トップページ | ベント・アクセンのジングル・ベル »