« 隔月刊『ジャズ批評』 | トップページ | 『白木秀雄 - Plays Bossa Nova』 »

2005年9月28日 (水)

TUBBY HAYES

Tubby Hayes は間違いなくイギリスを代表するテナーである。

TEMPO、FONTANAなどにそこそこの数のリーダー作を残し、
ジャズ・コレクターの格好のターゲットとなっている。

この人、バリバリとテナーをプレイしているものはすごくいいのだが、
中間派っぽいものも多く、ましてやバイブをプレイしているものなど
はどうも好きになれないでいた。
オリジナル盤を積極的に買うことはなく、所有しているのはこの2枚のみ。

tubbys_groove



『Tubby's Groove - UK TEMPO TAP-29』

  これも聴くのは「Tin Tin Deo」ばかり...



tubbs_in_ny



『Tubbs in N.Y.- UK FONTANA TFL 5183』

  US盤 『Tubby The Tenor - EPIC LA16023』がオリジだと思うが...
 

ここ10年来、多くの音源がCD化され、簡単にそのプレイを聴くことが
できるようになったのは喜ばしいことだ。

最近「BBC Transcription」音源までCD化されてビックリ。
これは数年前、知人経由で音源をCDR化して所有しており、自慢の
コレクションだったのだが...

食わず嫌いもよくないかもしれない...
最近、また数枚のタイトルがCD化されるようなので、買ってみるか。

|

« 隔月刊『ジャズ批評』 | トップページ | 『白木秀雄 - Plays Bossa Nova』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/6157438

この記事へのトラックバック一覧です: TUBBY HAYES:

« 隔月刊『ジャズ批評』 | トップページ | 『白木秀雄 - Plays Bossa Nova』 »