« 『白木秀雄 - 加山雄三の世界』 | トップページ | 『小野満 - ファンキー・ジャムセッション』 »

2005年10月 7日 (金)

LPジャケットの撮影は難しい

12インチLPレコードのジャケ写を撮るのは本当に難しい。

ここ数日間、白木関連のレコードジャケを撮影したが、明らかに汚い。
まぁ、ブログ掲載用なので、サイズも小さくするから、それほどきれい
でなくてもかまわないのだが。

以前、コレクションのデータベースを作ろうとしたことがある。
タイトル、リーダー、レーベル、ナンバー、ジャケット写真を必須情報として、
その他の残したい情報はフリーワードで...なんていう構想で作成を
はじめたが、面倒くささと、撮った写真の汚さでイヤになり、途中で放り
投げてしまった。

写真に詳しい友人にいろいろ聞いてみたら、
「照明をしっかりと考えたうえで、ズームで取ればいい」
なんて言われ、実際に彼が撮ったものを見せられ、あまりのきれいさに
ビックリしたことがあったが、当方カメラはシロウト、どうでも良くなった。

ここ数日掲載のジャケ写できれいなものは、実はスキャン画像。
たまにCD化されていないレコードのCDRを作っている。
作るのなら、しっかりしたものをということで、ラベル、ジャケまで作成
する。結構面倒くさいのだが...
スキャナーはA3対応が必要だが持ってないので友人宅に出向かなきゃ
ならない。実に面倒くさい。ほんとに、何をやってんだか...

それでも、できたものはそれなりにいい感じである。
こんな感じで....

handmade_cd




ともあれ、予算とか技術とかの関係で、カメラかスキャンか決めかねるが、
レア盤に関しては、ジャケ(表裏)、ラベルの画像はなるべく保存しておこう
と思っている。

|

« 『白木秀雄 - 加山雄三の世界』 | トップページ | 『小野満 - ファンキー・ジャムセッション』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/6294092

この記事へのトラックバック一覧です: LPジャケットの撮影は難しい:

« 『白木秀雄 - 加山雄三の世界』 | トップページ | 『小野満 - ファンキー・ジャムセッション』 »