« ヘレン・メリルのEP | トップページ | 『ジミー荒木 - ミッドナイト・ジャズ・セッション』 »

2005年10月25日 (火)

レオン・ラッセルがやってくる

leon_russell_1stレオン・ラッセルが来日する。
9年ぶりの来日らしい。

この人、楽歴は長く、1960年代からスタジオ・ミュージシャンとして活躍。
ボブ・ディラン、ビーチ・ボーイズ、フランク・シナトラ、アイク&ティナ・
ターナー、ローリング・ストーンズ、バーズ、サム・クック、ジョニー・
マティスなど、様々なジャンルのビッグ・ネームのレコーディングに
関わってきた。
1970年に自身のレーベル「Shelter」を設立し、ソロ・デビューをはたす。

彼のファースト・アルバムに収録されている代表曲「A Song For You」は、
題名は知らなくても、メロディを聴くと「あっ、これ知ってる」と必ず思うはず。

また、「Shelter」レーベルからは、彼のアルバムはもちろんのこと、アラン・
ガーバー、J.J.ケール、ドン・ニックス、フレディ・キングなどの名盤を
次々とリリース。

彼の「Shelter」の活動や、デラニー&ボニーの動きなどは、エリック・クラプトン、
ジョージ・ハリソンなどを巻き込み、スワンプ・ロックの一大ムーブメントを
引き起こす。

90年代にスワンプ・ロックのレコードばかり買い漁っていた時期がある。
ずっとジャズばかり集めていたのだが、何気なく聴きたいと思ってJ.J.ケール
のShelter盤を買ったのがキッカケとなり、短期間で相当数のロック盤を買って
部屋がエライことになったことが....

ここ数年かなりのタイトルがCD化されたので、レコードは処分して、今では
CDで聴いている。
ジャズよりこのあたりのロックを聴いている時間のほうが長いかもしれない。

前置きはさておき、まさか彼が来日するとは思わなかった。
先日、同じスワンプ・ロック・スターのマーク・ベノのライブがあったばかり。
こんなに短い間に、もうひとりのスターのライブに巡り会えるとは思わなかった。

早速、チケットをおさえた。

今から楽しみである。

|

« ヘレン・メリルのEP | トップページ | 『ジミー荒木 - ミッドナイト・ジャズ・セッション』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/6555704

この記事へのトラックバック一覧です: レオン・ラッセルがやってくる:

» レオン・ラッセル ( Leon Russell ) 後光がさしてたよ!  [「寺田恵子のGYUWEEN!」ギュウィーンなブログ]
リエぞうと二人で、レオン・ラッセル(LeonRussell) の コンサートに行ってきましたわ。彼のステージを見るのは15年ぶりでせうか.....。モスクワで日米ソの友好親善コンサートにてエドガーウィンター&レオンラッセルsessionの時、 舞台裏から観て以来。その時初めて後光...... [続きを読む]

受信: 2005年11月23日 (水) 10時27分

« ヘレン・メリルのEP | トップページ | 『ジミー荒木 - ミッドナイト・ジャズ・セッション』 »