« 『Terry Smith - Fall Out』 | トップページ | マイルスのプロモ盤 »

2005年12月 5日 (月)

レイ・チャールズのポーランド・ライブ盤

ポーランドのワルシャワで83年と88年に行われたマイルス・デイビスのライブ盤が
Poljazzよりリリースされている。

  83年のライブ盤:『Miles Davis in Warsaw '83 / Poljazz X-PSJ 001』
  88年のライブ盤:『Miles Davis in Warsaw '88 - Poljazz X-PSJ 003』

リリースといっても、コマーシャル・イッシュではなく、関係者等に配布されたもの、
ということになっている。真偽のほどはよく判らないが。
基本的に盤のみ製作され、ジャケットは後付けで作られたようである。
私が確認してるだけでも、3種類のジャケットが存在する。
レーベルに3桁の通し番号が振ってあり、「500枚程度しか存在しない」なんていう
人もいるが、実際はその数倍はあると思う。
ていうか、90年代にも作ったんではないか、と思うふしがある。

長い間、このマイルス盤の001と003の間、つまり002は存在しないのだろうか?
と疑問に思っていた。
002もマイルス盤だったら凄いだろうな...今まで紹介されたことないもんなぁ...
それともやはり欠番なのか?....てな具合に。

先日、この積年の疑問がやっと氷解した。
002は存在した、レイ・チャールズのライブ盤であった。
この盤を譲ってくれたディーラによると、詳細データは以下のとおり。

ray_charles_poljazz

 『RAY CHARLES - AT JAZZ JAMBOREE'84』
  Poljazz X-PSJ 002    no cover
  

  A1. Opening / Let The Good Times Roll
  A2. Georgia On My Mind
  A3. Sadie's Tune
  A4. Come Live With Me
  A5. Some Enchanted Evening
  B1. I Can't Stop Lovin' You
  B2. Knock On Wood
  B3. Country Medley
  B4. What'd I Say

買うつもりはなかったのだが、話の流れでつい買ってしまった。安かったし....

内容的には特筆するべきものはないが(悪いのではない。相変わらずかっこいい)、
80年代のライブ盤という点では価値があるかも。

|

« 『Terry Smith - Fall Out』 | トップページ | マイルスのプロモ盤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/7480154

この記事へのトラックバック一覧です: レイ・チャールズのポーランド・ライブ盤:

« 『Terry Smith - Fall Out』 | トップページ | マイルスのプロモ盤 »