« 『Nizlopi - Half These Songs Are About You』 | トップページ | 『Curtis Fuller - Blues Ette』 »

2006年1月11日 (水)

CECILIO & KAPONO

先日友人からいただいた自然薯を食す。
どうやって食おうかと迷ったが、結局下ろして、出汁醤油&わさびで食うことにした。
あまりの美味さにビックリ。
山芋は好きで良く食うが、スーパーで買うものは粘りも少なく味も風味も乏しい。
こんなに美味い自然薯を食うと、スーパーのものが食えなくなるじゃねえか....

自然薯と熱燗で幸せになりながら、セシリオ&カポノのライブ盤CDを聴く。

together_live

 『CECILIO & KAPONO - Together Live』
  Bluewater SUR-BLW830


昨年、馴染みのバーで彼らのライブ盤を聴かされ、「これええやんかいさぁ」となり
必死で探して入手したCDである。
1982年のライブであるがリリースは1993~4年ころ。
既に廃盤で、USのディーラーに探してもらって手に入れた。
ライブの雰囲気も良く、正に彼らのサウンド。
酒もすすむ。

このCDがキッカケとなって、彼らのCDを調べてみた。
メジャーからリリースされた「Night Music」、「Cecilio & Kapono」、「Elua」以外に
地元ハワイでのマイナー・リリースが数枚あることが判明。

night_musicckElua
   




しかしネット検索しても殆どが廃盤となっていた。

タワー・レコードにカタログ掲載があったので、「ひょっとすると店舗在庫が..」と思い、
大阪のタワー3店舗と、他の目ぼしいCDショップを回ったのが先週の土曜日。

廃盤となっている2003年のライブ盤「Lifetime Party」、88年にリリースされた
「Goodtimes Together」、ボズやビリー・ジョエルのカバーが入った「Summerlust」
の3点をゲットした。

lifetime_partygoodtime_togetherSummerlust
 





他にも2タイトルほど残っていたが、海外への直接発注のほうが安いようなので、
入手可能なタイトルを全部ハワイの業者へ発注。
(マイナー・レーベルもののせいか、国内ショップではほぼ3000円の値付け)

何と2003年のライブはDVDも出ている。
今から到着が楽しみである


実は土曜日、友人との新年会の後にくだんのバー立ち寄ったとき、

  「○○さん、セシリオ&カポノのライブ盤手に入れましたで。
   今日は、何と、2003年のライブ盤もゲットしましたわ」

  「えっ、こないだ聴かせたのは、2003年のライブやで。
   最初ゆうたライブ盤ってなんやの?」

  「えっ、そうゆうこと。 最初ゆうたんは82年のライブ盤ですわ。
   内容ごっつうええよ。」

  「なにぃー、82年のライブやてぇー...」

今週末に見せびらかすことになっている。

|

« 『Nizlopi - Half These Songs Are About You』 | トップページ | 『Curtis Fuller - Blues Ette』 »

コメント

MOJOさん こんにちわ。 私 現在 大阪におりますが 静岡生まれでウインドサーファーでございました。もう50歳です。日本一 セシリオ&カポノに惚れ込んだのだけは早い自信があります。 ガハハ。 大学生の頃ですから 30年前 原宿にメロディーハウスという洋盤屋が竹下通りにあり そこで セシリオ & カポノの Night Musicと出会いました。 即 他アルバムも買占め、 それから じわじわを私の周りへ セシリオ & カポノの宣伝をしておりましたねー、 Mojoさんがファンである事を知り 嬉しいです。 さて カポノさんとは 彼は オアフの港のそばのモールに自分のお店を持っており 偶然 散歩中に 店を発見 そのまま ライブを見ながらビールで飲んだくれてしまいました。 もちろん カポノと記念写真、彼の自費アルバム購入。 昨年の事でした。 セシリオは シアトルにいるって言ってましたけどね。  興味があればお貸ししますよ。 Friends という タイトルです。 ライブ版です。
ところで 彼らは 今年10月にブルーノ-ト 大阪に出演する事を昨日 発見しました。 まだチケット買ってませんが 是非 どこかで Mojoさんとお会いできれば楽しいですね。 ではでは 

投稿: 大阪のオッサン | 2006年7月20日 (木) 09時37分

セシカポがやってくるんですか!!
素晴らしい情報ありがとうございます。
2003年のハワイでのライブDVDを観て、「こんなライブ、リラックスできる会場で聴けたら最高やろな...」
なんて思ってたところなんで、是非とも行こうと思います。
最近のBlue Noteのブッキングはなかなかですね。

ところで、ご存じかもしれませんが、原宿のメロディーハウスは70年代後半、大阪に支店を出し、
その店長だった方が現在「The Melody」というショップを開いてます。
Hawaii、AORに強いなかなかナイスなショップですよ。
(http://home.att.ne.jp/blue/mel/index.html)

投稿: MOJO | 2006年7月21日 (金) 10時59分

Mojoさん こんにちわ。 本当ですね。 びっくりしました。 早速 お店行ってきますよ。 店長の顔見ても絶対思い出さないと思いますけどね。 30年前でしょ。 そーとー 前ですから。
いやー嬉しいな セシカポファンがしっかり日本にいるのは嬉しいですね。 是非 是非 どこかでご挨拶したいところです。 

それと ハワイで Kaponoの店で会った時に購入した CD お貸ししますよ ライブ版ですが (Friends) 
「The Melody」で売ってるかな ? チェックしておきます。  
さて ブルーノートへの予約は8月30日からです。 10月30日、31日と ライブは2日間ありましたよ。 是非 会場で !

投稿: 大阪のオッサン | 2006年7月24日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/8109832

この記事へのトラックバック一覧です: CECILIO & KAPONO :

« 『Nizlopi - Half These Songs Are About You』 | トップページ | 『Curtis Fuller - Blues Ette』 »