« BLP 5030 の色違いジャケ | トップページ | 『Harold Ashby - Born to Swing』 »

2006年1月29日 (日)

『Gianni Cazzora Trio - Abstraction』

先週は結構忙しく、何も聴く気になれなかった。
聴いた音楽といえば、金曜日のブログに書いたBLP5030の片面のみ。

今日は天気も良く暖かい。
気持ちがいいので久しぶりにジャズをたくさん聴いた。

そのうちの一枚がこれ。

Abstractionabstraction_label
『Gianni Cazzora Trio-Abstraction』
 Car Juke Box, CRJ-LP 00022
 Italy, 1969


やはりというか、少しエバンス指向のピアノ・トリオ盤。
でも内容はすばらしいと思う。
オリジナルとスタンダードの割合が概ね半分半分。
このバランスが好きである。

10数年前に廃盤店で聴かせてもらい、一発で気に入ったのであるが、如何せん
高額すぎて、その時は手が出なかった。
若干コンディションの落ちるオリジ盤を手に入れたのは、確か、その4~5年後
だったかと思う。
手に入れたときはずいぶんうれしかった。

数年前、イタリアプレスのレア盤が、アナログ&CD両方のフォーマットで"Rearward"
からリイシュされた際にカタログに含まれたので音源的には珍しくなくなった。
実にありがたい再発だったのでほとんどのタイトルをCDフォーマットで購入し、
今ではCDで手軽に聴いている。
物によると音が悪いのであるが、最近はもうどうでもよくなっている。

この『Abstraction』はCDでもそこそこ鳴ってますわ。
ていうか、オリジ盤の音がそんなに凄くないということなんですけどね...

|

« BLP 5030 の色違いジャケ | トップページ | 『Harold Ashby - Born to Swing』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/8398490

この記事へのトラックバック一覧です: 『Gianni Cazzora Trio - Abstraction』:

« BLP 5030 の色違いジャケ | トップページ | 『Harold Ashby - Born to Swing』 »