« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

『Harold Ashby - Born to Swing』

今日は朝からずっと雨である。
暖かいのはありがたいのだが、雨はやはり鬱陶しい。
週の半ばからまた寒くなるとのこと、気をつけてないと体調がおかしくなりそうだ。

born_to_swingborn_to_swing_label    





 『Harold Ashby - Born to Swing』

   UK, Columbia 33SX1257, 1960
   Harold Ashby(ts), Jimmie Jones(p), Al Hall(b), Oliver Jackson(ds)
    a1. Oh,Shucks
    a2. Day By Day
    a3. My Buddy
    a4. Backstairs
    b1. Don't Get Around Much Any More
    b2. Dancing On The Ceiling
    b3. In The Blue Of Evening
    b4. Last Minute Blues

ハロルド・アッシュビーがUK Columbiaに残したテナー・カルテット盤。
発売当初、UKのみでリリースされ、US盤で再発されたのは70~80年代のはず。

ハロルド・アッシュビーは言わずと知れた"エリントニアン"。
腕利きの"エリントニアン"たちの中では地味な印象であるが、ベン・ウェブスター系
のグレイトなテナー・マンである。

この盤の存在を知ったのは、ポール・ゴンザルベスのVocalion盤を手に入れた頃。
友人から、

  「”Boom-Jackie”ほどじゃないけど、同じエリントニアンのええ盤があるで。
   これは再発のアメ盤やけど、オリジはUK コロンビアで子供がブランコに
   のってるカバーの奴なんや。 聴かせると大概の奴は欲しがるわ。」

ということで再発盤を聴かせてもらうと、彼の言うとおりジャスト・ミート。
確かに”Boom-Jackie”ほどではないが、ブルージィーかつリラックスしたプレイに
ノック・アウトさせられる。
聴かせてもらった盤は行き先が決まってるとのことだし、リイッシュということあり、
オリジ盤がどうしても欲しくなり自力で探すこととなった。

数年経過し、この盤のことを忘れていたのだが、eBayを始めた頃(確か98年頃)、
子供がブランコにのってるジャケ画像が目にとまる。

  「あっ、こいつやな.... しかし、ええ値段でスタートやなぁ...」

結構な値段であったが、何とか手に入れることができた。

スイング系のプレイヤーのものは食わず嫌いであったが、このころから少しずつ
コレクションに加わりはじめた。

ところで、このハロルド・アッシュビー、90年代以降に"Timeless"、"Criss Cross"、
"Gemini"などからリリースがあるようだが、まだ現役でやってんのかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

『Gianni Cazzora Trio - Abstraction』

先週は結構忙しく、何も聴く気になれなかった。
聴いた音楽といえば、金曜日のブログに書いたBLP5030の片面のみ。

今日は天気も良く暖かい。
気持ちがいいので久しぶりにジャズをたくさん聴いた。

そのうちの一枚がこれ。

Abstractionabstraction_label
『Gianni Cazzora Trio-Abstraction』
 Car Juke Box, CRJ-LP 00022
 Italy, 1969


やはりというか、少しエバンス指向のピアノ・トリオ盤。
でも内容はすばらしいと思う。
オリジナルとスタンダードの割合が概ね半分半分。
このバランスが好きである。

10数年前に廃盤店で聴かせてもらい、一発で気に入ったのであるが、如何せん
高額すぎて、その時は手が出なかった。
若干コンディションの落ちるオリジ盤を手に入れたのは、確か、その4~5年後
だったかと思う。
手に入れたときはずいぶんうれしかった。

数年前、イタリアプレスのレア盤が、アナログ&CD両方のフォーマットで"Rearward"
からリイシュされた際にカタログに含まれたので音源的には珍しくなくなった。
実にありがたい再発だったのでほとんどのタイトルをCDフォーマットで購入し、
今ではCDで手軽に聴いている。
物によると音が悪いのであるが、最近はもうどうでもよくなっている。

この『Abstraction』はCDでもそこそこ鳴ってますわ。
ていうか、オリジ盤の音がそんなに凄くないということなんですけどね...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

BLP 5030 の色違いジャケ

「もてる呪文」を唱えることができる人間が居るそうだ。
世の中には、いろいろな奴がいるものだ。

報道は、特異な能力を持つこのオヤジとライブドアばかり。
ヒューザーの小嶋はどうなったの??
こいつを早く何とかしないとアカンのと違うの?

 ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

blp5030_brownblp5030_orangeblp5030_liner 





先日、友人の廃盤店のサイトに”Blue Note 5030”のオレンジ色ジャケの掲載があった。
ふと「裏ジャケはどうやったっけ?」と思い、改めて棚から取り出して確認してみた。
結論から言うと、全く一緒である。
わが家にあるこの10インチ盤の裏ジャケは、2枚ともこの盤に関するライナーのみ表記。
どうやら、表ジャケの色が違うだけのようだ。(過去の同レーベルからのリリース盤の
紹介があるバージョンがあるかもしれないが...)

なんでこんなことになったのだろう?
「ブラウンがオリジだ」とか「いやいやオレンジがオリジですわ」とか,どちらか一方を
支持する人を聞いたことがない。
この盤に関しては皆さん悩んでいるのだろう。

私が思うに、当時ジャケを作成する際は、レコードプレス同様、複数の印刷屋(工場)に
発注していたようなので、どこかの業者が単純に色指定ミスをして印刷していまい、
それを廃棄せずそのまま販売したのではないか...というところ。
どっちの色もオリジでほぼ同時に店頭に並んだということではないだろうか。

しかし、このあたりが正にコレクター泣かせで、「良く判らんからどっちの色も手に
入れなアカン」となってしまう。
レコード・ジャンキーの悲しいサガである。

ついでに、久しぶりにターン・テーブルにのせてみた。
悪くないセッションですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

『村上春樹-意味がなければスイングはない』

ライブドア騒ぎで大変である。

ホリエモンという人、
  「うさん臭いところがあるがなかなか大した奴だ」
と思っていた。
今回の騒ぎで、その「うさん臭い」と感じる要因が表に出てきた感じである。
彼のこれまでのやり方に関しては
 「モラルを問うのはお門違いで、問題あるならば法整備をするべき」
と思っていたが、”粉飾決算”、”新株不正売却”など、コンプライアンスを無視した
やり口というのが本当であるならば、やはり犯罪である。
正に大詐欺師である。
事実がどうなのか、楽しみである。

しかし、東証の社長の上場廃止へ向けた発言や、某経済団体トップの「加盟許可
はミスである」といった発言は少し勇み足のような気もするが、どうだろう...
ホリエモンって人、本当に鬱陶しく思われているんやねぇ。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

murakami_haruki 村上春樹の『意味がなければスイングはない』を読了。
正月休みに読もうと思い、昨年の暮れに友人から借り、そのままに
していたのだが、早く返さなきゃと一気に読んだ。

10編の音楽家の話をまとめたもの。
村上春樹の音楽好きは有名であるが、ここまでオール・ジャンルに
造詣が深いとは思わなかった。
当方、クラシックは良く判らないのであるが、全編楽しく読ませてもらう。
文中に登場するクラッシックのCDを買おうかと思ったくらいだ。

シダー・ウォルトン、スタン・ゲッツ、ブライアン・ウィルソンなどが印象に残る。
村上春樹の聴き方、感じ方、思いがとても興味深い。

今回は10編だが、続き(他の音楽家)を読みたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

『Cecilio & Kapono - Lifetime Party, 30 Years of Friends』

今週の月曜日、同僚と昼メシを喰っていて「ETC」の話題になった。

 「最近、加入促進でどんどん安くなってるで。
  年に数回乗るだけでも直ぐに元が取れるんちゃうか」

早速調べてみた。
キャンペーンだの助成金だのマイレージだの割引制度だの....
確かに様々な車載器販売促進、加入促進の施策がゴロゴロしている。

 「年に1~2万円程度しか高速代を払ってないが、直ぐに元が取れそうやな」

てなこと思い始めると止まらなくなり、ネットサーフィンしながらお勉強をし車載器
を発注したのが火曜日。
昨日は、「ETCカード」の発行手続きに車載器セット関連部材の手配と、一気に
導入に向けて突っ走ってしまう。
週末にはセットが完了する予定。

きっと、この週末は用事もないのに高速道路を走ることになるだろう....

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

ハワイの業者へ発注しておいたCecilio & KaponoのCD&DVDが届いた。
昨日時間ができたので、楽しみにしていたDVDを開封しプレイヤーへセットする。

lifetime_party  
 『C&K - Lifetime Party,  30 Years of Friends』
 
 2003年の夏、ホノルル港のすぐ横にあるアロハタワー・
 マーケットプレイスの「カポノズ」で行われたライブ。
 音は先に購入しておいたCDで聴いていたのだが、
 ライブの雰囲気を目で味わえるDVDは格別である。
 
半分屋外のようなライブ会場、ステージのバックにはフェリー乗り場も見える。
ハワイで、しかもこんなラフな会場で彼らのライブを聴けたら最高だろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

『The Red Devils - Blackwater Roll』

急に暖かくなってきた。
仕事で大阪市内を2時間ほど歩き回っていたら、汗ばんで、マフラー&コートが
ジャマになるしまつ。
年明け早々にバーゲンで買った少しゴツめのコートの出番はもうないのだろうか?

◇   ◇   ◇   ◇   ◇

以前、『The Red Devils - King King』について書いた時に少し触れていた彼らの
もう一枚のリリースであるsingle盤、何とか聴きたいと思っていた。

コメント欄から音源を提供しますという、ありがたいお言葉もいただいたのである
が、どうしても正規に販売されたブツを入手したくなり、方々へ網を張っていた。

年明け最初の3連休に、たまに取り引きのあるUKのディーラーから「あるで」という
連絡をもらい、早速注文。
ブツが昨日届いた。
90年台前半リリースのシングルという事だったので、入手はムリと思っていたが、
想像してたより早く手に入り少しビックリ。

blackwater_roll
  『The Red Devils - Blackwater Roll』
   single CD


確かにフルCDの『King King』に比べると内容は落ちる。
躍起になって探すほどの内容ではなかったが、聴くことができて一応満足。

これ以降、このバンドでの公式リリースがないところを見ると、シングルを
リリースする段階で既に彼らはやる気がなかったのではないだろうか...
というより、レーベル側主導で無理やりリリースしたのではないのかと
勘繰ってしまう。
もともと彼ら、メジャーでガンガン活躍する気もなかったようだし...

『King King』のデキが結構よかったので、彼らの解散は何となくもったいない
気もするが、バンドというものはそういうものなんだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

『Dexter Gordon - Dexter Blows Hot And Cool』

ようやく風邪も抜けてきたようだ。
昨日外出せず家でジッとしていたのは正解だった。
午前中からテレビを漫然と見ていたのだが、全く面白くない。

レコードを聴く気にもなれないのだが、先週から知人に譲るものを整理していて、
手放す前に、最後にオリジ盤の音を聴いておこうと思ってターン・テーブルに
のせたのがこれ。

hot__cool
  『Dexter Gordon - Dexter Blows Hot And Cool』
    Dootone DL-207


デクスター・ゴードンの最高傑作という人がいる。
確かに、この盤での骨太なプレイはすばらしい。
初期の傑作であることは間違いないと思う。

でも今回聴いてみて、やはり「古くさいプレイ」という印象はぬぐえなかった。
個人の好みの問題だと思うが、私はBlue Note盤のほうが好きだ。

今回、知人のたってのお願いということで、相当な金額(知人の言い値)で譲ること
になったのだが、そんなにお金を出してまで入手するほどのものではないと思う。

 「ほんとにそんなに出す気やの?」

 「ある程度、言わんと手放さへんやろ。この値でも相場より少し安いくらいやで。
  しかもこれカバーもオリジやしな」

そうそう、このレコード、枚数少ないくせに、カバーは2種類あるんですわ。

----------
昨日は、きれいな画像をのせようと頑張って撮影&加工をしたが、
やはりめんどくさい。
A3のスキャナーがほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

『Curtis Fuller - Blues Ette』

木曜日の夜から喉が痛みはじめる。
昨日起きるとやはり喉が腫れ熱が出ている。
仕事を休み一日中寝ていた。
昨年11月初旬に1度きついカゼを引き、12月中旬にもハナカゼで病院通い。
それで今回このありさま、今シーズン3回目のキャッチ・コールドである。
歳をとり体力的に衰えはあると思うが、ちょっとひきすぎである。
今日は外出したいのであるが雨も降っているしどうしよう。

ともあれ、ジャズのど真ん中名盤でも聴こうと取り出したのがこれ。

Blues-Ettebluesette_label 

 『Curtis Fuller - Blues Ette』
  Savoy MG 12141



なんといっても”Five Spot After Dark”である。
これを聴きたかったのだ。

ゴルソン・サウンドはとても魅力的である。
一時期はまって、UA、アーゴ盤あたりまでかなり追いかけたことがある。
今となっては、手元にあまり残ってないのであるが、このサボイ盤だけは
手放せないでいる。

そういえば、こいつのオリジ盤、ありそうで意外と出てこない。
同じサボイのリー・モーガンもそういえばなかなか出てこないよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

CECILIO & KAPONO

先日友人からいただいた自然薯を食す。
どうやって食おうかと迷ったが、結局下ろして、出汁醤油&わさびで食うことにした。
あまりの美味さにビックリ。
山芋は好きで良く食うが、スーパーで買うものは粘りも少なく味も風味も乏しい。
こんなに美味い自然薯を食うと、スーパーのものが食えなくなるじゃねえか....

自然薯と熱燗で幸せになりながら、セシリオ&カポノのライブ盤CDを聴く。

together_live

 『CECILIO & KAPONO - Together Live』
  Bluewater SUR-BLW830


昨年、馴染みのバーで彼らのライブ盤を聴かされ、「これええやんかいさぁ」となり
必死で探して入手したCDである。
1982年のライブであるがリリースは1993~4年ころ。
既に廃盤で、USのディーラーに探してもらって手に入れた。
ライブの雰囲気も良く、正に彼らのサウンド。
酒もすすむ。

このCDがキッカケとなって、彼らのCDを調べてみた。
メジャーからリリースされた「Night Music」、「Cecilio & Kapono」、「Elua」以外に
地元ハワイでのマイナー・リリースが数枚あることが判明。

night_musicckElua
   




しかしネット検索しても殆どが廃盤となっていた。

タワー・レコードにカタログ掲載があったので、「ひょっとすると店舗在庫が..」と思い、
大阪のタワー3店舗と、他の目ぼしいCDショップを回ったのが先週の土曜日。

廃盤となっている2003年のライブ盤「Lifetime Party」、88年にリリースされた
「Goodtimes Together」、ボズやビリー・ジョエルのカバーが入った「Summerlust」
の3点をゲットした。

lifetime_partygoodtime_togetherSummerlust
 





他にも2タイトルほど残っていたが、海外への直接発注のほうが安いようなので、
入手可能なタイトルを全部ハワイの業者へ発注。
(マイナー・レーベルもののせいか、国内ショップではほぼ3000円の値付け)

何と2003年のライブはDVDも出ている。
今から到着が楽しみである


実は土曜日、友人との新年会の後にくだんのバー立ち寄ったとき、

  「○○さん、セシリオ&カポノのライブ盤手に入れましたで。
   今日は、何と、2003年のライブ盤もゲットしましたわ」

  「えっ、こないだ聴かせたのは、2003年のライブやで。
   最初ゆうたライブ盤ってなんやの?」

  「えっ、そうゆうこと。 最初ゆうたんは82年のライブ盤ですわ。
   内容ごっつうええよ。」

  「なにぃー、82年のライブやてぇー...」

今週末に見せびらかすことになっている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

『Nizlopi - Half These Songs Are About You』

久しぶりにPop/Rock系のCDを衝動買いしてしまった。

大阪梅田の某大手CDショップヘセシリオ&カポノのCDを探しにいった際に
目に留まり、「...ジャック・ジョンソンに通じるところもあり...」の
コメントに引かれ試聴し、即購入となった。

Nizlopi
 『Nizlopi - Half These Songs Are About You』
   FDM Records   FDMNIZ002



こいつら、昨年、UKのミュージック・シーンに突然現れ、チャート1位を
かっさらったらしい。

アコースティックなフォーク&ポップ・デュオという感じであるが、最近
話題のノラ・ジョーンズやジャック・ジョンソンの一連の作品に通じる
ものがあり、聴いてて非常に心地いい。

しばらくヘビー・ローテーションとなりそうである。

公式のHPもあるようなので.... http://www.nizlopi.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

ERIK MOSEHOLM

昨日は、友人と新年会。
寒いこともあって、飽きずにおなじみの"てっちり"へ。
その後、これまたなじみのバーへ流れ痛飲する。
ふと気づくとすでに午前3時を回っている。
ふらふらになりながらタクシーでの帰宅となった。
おかげで今日は使い物になりません。

午後から、昨日に続き、知人に譲るレコードの再チェックをしていた。

made_by_moseholm
 『Erik Moseholm - Made By Moseholm』
   Danish Metronome MEP 1143,1144,1145


以前から譲ってくれと言われ続けていたこのErik MoseholmのEPのライナー
を読んでいて、ふと彼のレア音源を集めたCDを所有していたことに気づく。
数年前に購入したきり封も開けず棚の肥やしになったままであった。
CDのライナーを読むと、上記のEPの他、Debut、Top、Hitなどの音源が
収録されている。

erik_moseholm_cd
 『Erik Moseholm - Collection』
  Music Mecca CD 2106-2


このCDがあるのなら、もっと早く譲ってあげればよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

ラス・フリーマンのEP盤

正月ボケがさめやらないまま3連休に突入。
特に予定はないのだが、ありがたい休みである。

知人に数点のレコードを譲ることになり、朝から未練がましく記念撮影。
別に所有していた証を残すつもりでもないのだが、当初、CD化用に数点スキャンして
いたたものの途中で面倒くさくなり、取り敢えず写真撮影に切り換える。

せっかくなんで少しずつこのブログに画像を掲載しておこうと思う。

russ_freman_ep

  『Russ Freeman Trio - Pacific Jazz EP』


内容については紹介するまでもないと思う。
パシフィックの10インチと同内容のものを2枚のEPに分けてリリース
されたものである。
1枚は10インチ盤と同一のジャケだが、もう片方のジャケがとにかくすばらしい。

10インチ盤は、どういう訳かコンディションの良いものに出会えず、先にこのEPに
遭遇し、「これがあれば10インチなんかいらんもんね」となる。

知人に自慢してたら、長い歳月をかけて「頼むから譲ってくれ」と言われ続け、
こちらとしてもレコード蒐集から足を洗って、手放すことに心を痛めることもなく
なってきたので快諾ということに。
その方がレコードも幸せだろう。

パシフィックのEPにはジャケの良いものが多い。
「"Bob Gordon"も確かあったはず」と探してみたが出てこない。
30分ほど経過したころ、数年前に手放したことを思い出す。
いいジャケだったんだがなぁ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

ロバート・サブダの飛び出す絵本

昨日は、弟一家も実家にやってきていた。
姪っ子と再会したので、お年玉といっしょに昨年暮れに大阪で会ったときに
渡しそびれていた遅めのクリスマス・プレゼントを渡す。

今評判のロバート・サブダの飛び出す絵本である。
翻訳版は現在絶版となっていたので英語版を手に入れておいていた。
すごい絵本である。
実をいうと、私自身が欲しかったんです....

Dinosaurs - Robert Sabuda』
Dinosaurs1 Dinosaurs2 Dinosaurs3

 



この姪っ子、6歳の女の子なのであるが、中身はまるで男の子。
多分興味を持つだろうと思っていたのだが、予想以上のジャスト・ミート。
興奮して、手から放さない。
それどころか、
  「これは○○○サウルスで、こっちは△△△サウルスよ。
   こいつは草しか食べないの。それから、これは.....」
しばし、恐竜についての講義を受けるしまつ。
実はとんでもない恐竜マニアだったようだ。
夢中になる姿はかわいいものだ。

hall__oates_best 今日は自宅へ移動、午前中には実家を発った。
帰省時同様、全く渋滞もなく順調に走る。
道中のBGMはホール&オーツのベスト盤をチョイス。
これを聴くのは5年ぶりくらいではないだろうか。
彼らは本当にヒット曲が多かったんだなぁと改めて
感心する。懐かしい曲ばかり、思わず口ずさんでしまう。

自宅で荷を解きホッコリとする。
幸い正月休みは明日まで、本当の意味でゆっくりできそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

バカ犬、そんでもってハンコック

しかし、暇である。
午前中は、親戚が実家に集まり酒を飲みながらバカ話をして楽しかったので
あるが、午後からすることがなくなった。

そういえば今年は戌年だ、ということで、実家のバカ犬3匹の相手をして遊ぶ。
ほんとに落ち着きのない3バカで、写真を撮ろうとしたが撮らしてくれない。
やっとの思いで撮ったのがこの写真。

Sabu  年に1~2回しか会わない奴らであるが、
  何となく私のことは記憶にあるらしい。
  2時間程度遊んでやったら、一応は
  なついたそぶりを見せる。
  かわいいものである。

とにかく暇なので何か音楽を聴きたいが、実家には環境がない。
ガキのころに使っていた装置もとっくの昔に処分している。
CDを聞く環境はパソコンと車のみ。

hancock_bn_best  しょうがないので、ハービー・ハンコック
  のブルー・ノート時代のベスト盤を聴き
  ながら、意味もなく車で走り回る。
  あてもなく走っていたのだが、知らず知らず
  のうちに、育った街、卒業した小学校、中学校
  あたりを流していた。
小学校は新幹線のぞみも停まる地方都市の駅前地区にあるがゆえ、ドーナツ化
現象で児童がいなくなり(いまや歓楽街だもの)、4年前に廃校になったと聞いて
いたが、建物はまだ残っている。
妙に懐かしい。幼なじみの顔が目に浮かぶ。
中学校の付近では、近くで酒屋&食料品店を経営している同級生に遭遇。
幼稚園~小学校~中学校と一緒だった奴、会うのは10年ぶりだ。
お互い偶然の再会にびっくりしながらも、彼は出かけようとしていたところ....
5分程度話した後、「またみんなでゆっくり飲もう」と約束し別れる。
1時間程度の徘徊であったが、なかなか楽しかった。
その間、ハンコックのベスト盤は2回転目に突入。
ハンコックはやはりかっこいいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »