« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

チャーリー・マリアーノ

日曜日、秋吉敏子ばかり聴いたのだが、『魅惑のジャズ』でのチャーリー・マリアーノ
のプレイが私自身が持っていたイメージと違っていたので少し気になっていた。

マリアーノを聴けるものは手元に何があるだろうかと思い出してみたが、殆ど
所有していないことに気づく。

以前所有していたものでは、プレスティッジの10インチ2枚、ベツレヘム盤、
インペリアルのEP4枚、キャンディド盤くらいか。

現在残っているアナログは敏子と一緒に来日した際の日本企画もの数点のみ。

敏子盤等の日本企画ものでのプレイは、50年代とは違いパーカー的な強さの
あるスタイルに変わったような気がするが、気のせいか?
(あまり好きなアルトでないので殆ど聴いてなく自信はないが...)

ということで、CDRに落としていたインペリアル盤EP音源(10インチ2枚と同じ)を
久しぶりに聴いてみた。

mariano_imp120mariano_imp123mariano_imp124mariano_imp125   





私が元々もっていたイメージとは、どうやらプレスティッジ盤、インペリアル盤での
繊細でクールなプレイのものだったと納得。

好き嫌いは別にして、インペリアル盤、プレスティッジ盤等で聴ける初期のプレイ
は、ある意味個性的なスタイルが好印象である。
たしかCDも出ていると思うので、中古でも探してみようかと思う。

しかしマリアーノのプレスティッジ盤は、なんであんなにプレスが悪いのだろう。
聴けたもんじゃない。
焼きそば焼いている横で聴いているようだもんなぁ...
10インチばかりでなく12インチも結構プレス&材質の悪いものがあって、やっとの
思いで入手したのにガッカリてなこともよくある。
そういえば、チャック・ウェインのプログレッシブ盤やバド・パウエルのルーストの
401番もそうだったよな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月26日 (日)

秋吉敏子

昨日、とある飲み屋での友人との会話。

  「PSE法ちゅうのがあって、4月から中古オーディオの売買ができん
   ようになるらしい」

  「なんじゃそら?なんで中古オーディオやねん?古物売買の権利を
   国が奪うことなんかできるんか?」

どう想像しても理解ができなかったので調べてみた。

曰く、「450品目の電気製品の安全維持のため、クリアすべき安全基準を
設定し、適合品にのみに流通(輸入、販売など)を許可する」というもの。
中古オーディオが売れなくなるのでなく、安全性を考慮にいれた法的基準
を満たさない電気製品を売ることができなくなるというものらしい。

やっとすっきりしました。

  ◇   ◇   ◇   ◇

ジャズ批評の最新号の影響で、邦人ジャズのレコードを聴きたくなった。
適当に棚からピックアップしてオーディオのスイッチをオンにする。

toshiko_lullabies_for_youtoshiko_lullabies_for_you_labeltoshiko_lullabies_for_you_dj_label   





『 トシコの子守歌』

 日本コロンビア、PS-1185-JC、1965
ライナーに当時1歳半のミチルちゃんのために世界の子守歌をプレイとある。
録音は1965年の2月、アメリカへ戻る直前に録られたようだ。
大変レアなレコードではあるが、内容はもう一つか?
全くのれない...聴いてて飽きてくる...ようは曲がつまらないのだ。
実は画像のとおり、正規盤とサンプル盤の2枚を所有していたのだが、
昨年いいオファーがあったものだから、CDRに落とし2枚とも処分してしまった。

toshiko_meets_palstoshiko_meets_pals_label 





『トシコ旧友に会う』

 東京キングレコード、KC13、1961
渡米から約5年振りとなった帰国の際に、国内の腕利きとのプレイを収録したもの。
選曲、プレイ内容とも悪くない。
このころのナベサダの音はあんまり好きではないのだが、結構いいプレイだと
改めて感心した。
CDは廃盤になって久しい。そろそろ再発してもいいころでは...

toshiko_fascinating_jazztoshiko_fascinating_jazz_label 





『魅惑のジャズ』

 ビクター、JV5084、1963
「トシコ-マリアーノ カルテット」での日本公演ツアーの際に録られたもの。
マリアーノをフィーチャーした物が多いのは当然か...
宮沢昭が2曲のみ参加しているが、これが結構いい感じ。
数年前にリリースされたビクターのボックス物に収録されていたはず。
(全部かどうかはわからないが)
単独のオリジカバーでのCD化を望むタイトルだろう


結局、トシコを3枚聴いてお腹がいっぱいになってしまった。
いうほど数を所有しているわけではないが、少しの間、邦人ジャズを意識して
聴いてみようと思う。
気が向けば少しログを書くかも....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

『Rune Ofwerman - Gavern』

民主党の永田議員、仕事振りが"おこちゃま"だなぁ。
代議士になる前は大蔵官僚だったとか...世も末だわ。


今週はヨーロッパのピアノ・トリオ盤ばかり聴いている。
とはいえ、せいぜい1日に1枚といったところだが。
久しく聴いていないものばかりで、「えっ、こんな内容だったっけ?」というのも多い。
つまり、手に入れただけで、あまり聴いていないということ...まさに棚の肥やし。

rune_offerman_gavernrune_offerman_gavern_label 





『Rune Ofwerman - Gavern』
  RCA, LPM-9805-C
  (Sweden盤と思っていたが、グルーブエンドにドイツで作ったとの刻印あり)
  Rune Ofwerman(p)、Sture Nordin(b)、Egil Johansen(ds)
   a1. La Ronde
   a2. Autumn In New York
   a3. Love For Sale
   a4. Dinah
   a5. Manteca
   b1. Gavern
   b2. Over The Rainbow
   b3. Jordu
   b4. Little Girl Blue
   b5. You Go To My Head

有名なスタンダードばかりをプレイ。
オーソドックスかつ地味ではあるが、なかなか悪くないトリオ盤である。
RuneのLPの中では、これが最もレアかも。

この盤、なぜか通常のペラジャケより紙が薄いような気がする。
しかもコーティングの糊の質が悪いのか、ジャケが白っぽくなっているものばかり。
コンディションの良いジャケを見たことがない。
(とはいっても、過去に3枚しか現物を見たことはないのだが...)

Runeは北欧を代表するピアニストの一人。
1932年生まれだから74歳か...まだまだ元気だそうだ。

極めてマイナーなレーベルでのEPも結構あるようなので、リーダー作の全容は
掴みづらいのだが、初期の代表的なのものは、上記のRCA盤とGAZELLの
『Funky Festival』くらいか?
そういえばArt Taylor、Jimmy WoodとのEP『King's Men』なんてのもありましたね。
いちばんデキがいいのは後年の『Glenn Miller Is Missing (Sonet)』かも...

ここ10数年来、Runeはレコード・ディーラーとしての活躍の方が有名かもしれない。
私も4~5年ほど前くらいまでは随分お世話になりました。
e-mailを使い始める前は、結構短いサイクルで大量のリストをファックスで送り
つけてくるものだから、しょっちゅうロール紙を買いに走っていた覚えがある。
なかなか気のいい人で、こっちのバック・オーダーにも丁寧に対応してくれた。

何時だったか、
 「引っ越しをしたので、急ぎの連絡は新しいナンバーにファックスしてくれ」
という連絡をもらったので、
 「引っ越しは大変だったでしょ」
と返信したら、
 「いやいや、前の嫁さんも手伝ってくれたんで、ワシは横で酒を飲んでいただけ」
だって。

ほんとにオチャメなオヤジである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

「ジャズ批評」の最新号-和ジャズ特集

jazz_critique_200602 昨日、頂き物を受け取りにミナミの友人の廃盤店に出向いた。
頂き物とは彼が趣味の山歩きの際に手に入れた自然薯。
ウィークデイにミナミに出ることはあまりないのだが、自然薯と
聞いて、「今日いくで」と即答してしまった。


彼の店で「ジャズ批評」の最新号を見せてもらう。
今回は"和ジャズ特集"とのこと。

邦人ジャズのレア盤のグラビア、データの掲載の充実ぶりに
ビックリさせられる。
コレクターの協力があったのだろうが、久しぶりに価値ある
誌面だなぁと感心。

東芝、日コロ、ビクター盤で重要なものが若干欠けている気もするが、
邦人ジャズ盤に関し、これだけの情報をまとめたものは過去に
無かったのではないか。

特に、当方も一時期血眼で探していた関西のローカルレーベル
である"ユニバーサル"の白木盤、松本盤のカラーでのジャケ紹介
は今回の企画のハイライトだろう。

普段、この友人との会話では、ジャズに関するの話題なんか
殆どないのだが、久しぶりにジャズの話で盛りあがる。
(彼はジャズ廃盤屋、当方は元ジャズコレクターのくせに、
最近は音楽に関してはロック、ブルースの話ばかり)

彼の店の閉店後、一緒に食事に出かけ、馴染みのバーへ流れ
痛飲してしまう。
自然薯もらって直ぐに帰宅しようと思っていたのになぁ...

  ◇   ◇   ◇   ◇

この「ジャズ批評」の最新号にJoe Chindamoの『Anyone Who Had
A Heart』が澤野工房より再発されるとの記事が載っている。
昨年噂があったのだが、澤野さんは「出さへんよ」と言っていたはず。
気が変わったのだろうか?
それとも本決まりでなかったのでごまかしていたのかなぁ?
何れにしても再発決定であれば朗報ですな。
(今日2/23現在、澤野さんのHPには何の情報もない...)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

『Phil Seamen - Now!...Live!』

今日は朝から、ここ数カ月の間に買ったCDの整理に時間を費やす。

ここ2年間、レコード処分するかわりにCDで音源をキープしておこうと思って、
ジャズ、ロックの旧譜の再発盤中心に買っているのだが、相変わらずバカな
買い方をしており、CDラックに納まらないものが約800枚。

「CDは有るうちに買わなきゃ直ぐに廃盤になる」という強迫観念に近いものが
どうやらあるみたいで、毎月の購入数は相当なものになってしまう。
(だって、Bethlehemなんか1000円だし、Blue Note、Prestigeだって....)

恐れていたとおり、3枚ほどダブりを発見。
レコードは何を持っているか、しかもそれがオリジかどうかやコンディションまで、
殆ど把握しているのだが、ついついまとめ買いしてしまうCDに関しては記憶が
曖昧なものが多い。

レコードラックの整理がつけばCDラックを買おうと思うのだが、何時になるやら。

聴く時間も限られてるし...CD買うのもほどほどにしなきゃと思う今日この頃。

午後には区切りをつけて、「久しぶりにピアノ・トリオ盤でも」とピックアップした
のがこれ。

phil_seamenphil_seamen_label

  『Phil Seamen - Now!...Live!』
  UK, Verve SVLP-9220, 1968


ピアノにTony Lee、ベースにTony Archerを配したライブ盤である。
ややもするとラウンジ・ピアノっぽくなるところもあるが、総じてリラックスして
聴きやすいピアノ・トリオ盤である。
LPには珍しく50数分も収録されている。目一杯詰め込んだという感じだ。

このレコード、ピアノ・トリオ盤ブームのころ、結構な相場で動いていた記憶が
あるが、友人の話によると「昔は即売れやったけど最近は動かんわ...」という
ことだそうだ。

そこそこいいレコードなんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

『Michael Naura - European Jazz Sounds』

  バレンタイン・デーということで、義理チョコをたくさんいただいた。
チョコは嫌いではないが、あまり得意でもなく、毎年誰かにあげてしまうことになる。

若い頃、いわゆる本命チョコをもらうと、ドキドキ、ワクワクして楽しかったものだが、
もはや義理チョコしかもらえない状況である昨今、「なんだかなぁ」という感じである。

彼女たちも大変だろうが、1ヶ月後のことを思うと、こちらも気が重い。

何とかならないのか、この行事...


ともあれ、折角なんでチョコをアテにして珍しく家でスコッチを飲むことにする。
こうなったらテレビより音楽のほうがしっくりくる。

ピックアップしたのがこれ。

michael_nauramichael_naura_label

 『Michael Naura - European Jazz Sounds』
   G. Brunswick 87 912 , 1963


最近、オリジナル盤の相場がグンとあがったタイトルの一つ。

LPはもとより、長らく廃盤だったCDまで再発されたのは快挙だ。
澤野さん、相変わらずなかなかええ仕事しますわ、ほんと。

聞くところによると、何とかマスター・テープが使用できるようになったので、
今回はCDも出すことができたとのこと。
CDで気軽に聴けるのは本当にありがたい。

久しぶりに聴いたのだが、高いだけのレア盤と違い、やはり名盤である。
ヨーロッパ的クールさとハードバップ・テイストのバランスがたまらない。
特に"Down In The Village"は素晴らしい。
Tubby Hayesのプレイより良いといったら言いすぎかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月12日 (日)

『宮本直介 - Poisonous Apple』

オリンピックを見たいのだが、決勝は殆どが真夜中に始まるのでたまらない。
起きているのは簡単だが、翌日に影響するので我慢する。
モーグルの上村は今回もメダルに手が届かず....残念である。

ともあれ、今日はなじみのバーのマスターからの預かり物のCD化に取り組む

miyamoto_naosukemiyamoto_naosuke_label 





『宮本直介 - Poisonous Apple』

Bonny Panera (三井産業)  BPL-102 , 1981
 宮本直介(b)、藤井貞泰(p)、東原力哉(d)
  a1. Poisonous Apple
  a2. In A Sentimental Mood
  b1. Southern Cross
  b2. Crowdy Street
  b3. Matrix

宮本直介の楽歴は古く、1960年にはジョージ川口の「ビッグフォー・プラスワン」に」参加。
70年代にスリー・ブラインド・マウスにリーダー作を残し、サイドメンとしても名盤でプレイ。
このレコードは81年に残した2ndになる。
現在、関西ジャズ協会副会長、関西中心に活躍しているようだ。
どちらかというと、「ブルーノート」の日本フランチャイズ化を実現させたプロデューサーと
しての活躍の方が有名かも。

ピアノの藤井貞泰も関西の人、確か今でもミナミでジャズバーをやっているはず。

東原力哉は説明するまでもなく、今や日本を代表するドラマー。
これを録った当時は「ナニワ・エクスプレス」で活躍していたが、「たまにはフォー・ビート
でもどうや」ということで参加したらしい。

関西のご当地ものとでもいうか、自主制作レコードである。
量販店などの通常の販売ルートで売られていた記憶がない。

当のマスターと、
 「昔オヤジが芦屋のバーで売りつけられたゆうて持って帰ってきてん。
  見たら直介さんのレコードやし、力哉も入っとるし....
  へぇ~ てなもんで今までおいとったんやけどな、誰か要るやつおらん?」
 「知ってるわ、これ。いらんのやったら誰か買うやつ探すわ。
  とりあえずCDにしときましょ。」
てな話をしながら、預かったのが2ヶ月ほど前。
年が明けて、めでたく友人のコレクターのところへ収まることになった。

久しぶりに聴いてみた。
宮本直介のベースが前に出すぎなところはあるが、なかなか聴かせるピアノ・トリオ盤だ。

あまり知られてないレコードだと思う。
80年代には、関西の中古店でもちょくちょく見かけたが、最近全く見ることがない。
正規のCD化も多分あり得ないだろう。

自分が買ってもよかったかな?
いかんいかんレコードジャンキーから足を洗ったはずではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

『Jazz In Britain '68-'69』

先週に引き続き、今週もバタバタと忙しかった。
ブログの更新もやってる暇がない状況。
週末になってカタがつき、昨日は早く仕事が終わったのだが、まっすぐ帰宅。
酒も飲まずボンヤリと過ごす。
トリノ・オリンピックの開会式を見ようと思ったていたが、朝4時スタートはきつい。
やはり寝てしまう。

でも、久しぶりの熟睡と酒ぬきで今日はすっきり目が覚めた。
朝からネットサーフィンしていて、思わぬレコードのCD化を知る。

jazz_in_britain_6869jazz_in_britain_6869_label 

  『Jazz In Britain '68-'69』
  UK, Decca  Eclipse ECS2114


1968-69のUK ポール・ウィナー、John Surman、Alan Skidmore、Tony Oxley、John Taylor
達によるオールスター物である。
時期、メンバーをみるとフリー寄りの印象を受けるが、中身はまさにブリティッシュ・ジャズ。

一時期の愛聴盤であった。

今回うれしいことに、Michael Garrickの『Cold Mountain』もCD化されるようだ。

しかし、HMVのネットショップによると、レーベルは"Vocalion"。
"Boom-Jackie"は何とかならないのだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

『Lena Jansson - Pay Some Attention To Me』

昨日の夕方、急に外で酒を飲みたくなり、友人に電話をいれる。
19時頃に心斎橋で待ち合わせということになり、家の外に出てビックリ。
とんでもなく寒い!! 顔や手が痛くてたまらない。
電話なんかしなけりゃよかった...と思いながら渋々ミナミヘ向かった。

寒さのせいか、熱燗を飲みすぎる。
馴染みのバーにも立ち寄ったが、程々に切り上げることにした。

帰宅途中にコンビニに寄ったのだが、そこで聞こえてきた20歳台半ばほどの
男性2人組の会話に度肝を抜かれる。

 「今年から株を始めたんや。100万元手で最初○○○を買うたら
  直ぐに上がったんで3万円利食いして(ここは誇らしげ)、
  今度は全部ライブドアで勝負したんや。そしたら何でかしらんが
  ここんところどんどん値がさがってしもうてなぁ...」

 「ライブドアって俺も聞いたことある会社や。
  有名な会社やからまたあがるんちゃうか。」

 「俺もそう思うとるんやけどな...今安いからもう少し買おうかなぁ」

こいつら、地球上に住んでるのか?
どう見ても20台半ばですよ。
自分が買ったライブドアとテレビでバンバン出てくるライブドアは別物と
思っているのかなぁ?
久しぶりにすごい奴らに遭遇しましたわ。

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今日はボーカル物を何枚かピックアップして聴き流していた。
以外といいなぁと思ったのがこれ。
手に入れてから、ほとんど聴いていなかったので、ある意味再発見となった。

lena_janssonlena_jansson_label 

 『Lena Jansson -
    Pay Some Attention To Me』
     Sweden,  BELL 177,  1984


Nils Lindberg コンボのバッキングによるガーシュイン集。
メンバーは、Putte Wickman(cl)、Lennart Jonsson(ts)などの名手たち。

曲がいいのはもちろんだが、彼女のサラっとしたボーカルがとても心地いい。

これってCD化されていないのかなぁ?
あれば欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »