« 『Lena Jansson - Pay Some Attention To Me』 | トップページ | 『宮本直介 - Poisonous Apple』 »

2006年2月11日 (土)

『Jazz In Britain '68-'69』

先週に引き続き、今週もバタバタと忙しかった。
ブログの更新もやってる暇がない状況。
週末になってカタがつき、昨日は早く仕事が終わったのだが、まっすぐ帰宅。
酒も飲まずボンヤリと過ごす。
トリノ・オリンピックの開会式を見ようと思ったていたが、朝4時スタートはきつい。
やはり寝てしまう。

でも、久しぶりの熟睡と酒ぬきで今日はすっきり目が覚めた。
朝からネットサーフィンしていて、思わぬレコードのCD化を知る。

jazz_in_britain_6869jazz_in_britain_6869_label 

  『Jazz In Britain '68-'69』
  UK, Decca  Eclipse ECS2114


1968-69のUK ポール・ウィナー、John Surman、Alan Skidmore、Tony Oxley、John Taylor
達によるオールスター物である。
時期、メンバーをみるとフリー寄りの印象を受けるが、中身はまさにブリティッシュ・ジャズ。

一時期の愛聴盤であった。

今回うれしいことに、Michael Garrickの『Cold Mountain』もCD化されるようだ。

しかし、HMVのネットショップによると、レーベルは"Vocalion"。
"Boom-Jackie"は何とかならないのだろうか?

|

« 『Lena Jansson - Pay Some Attention To Me』 | トップページ | 『宮本直介 - Poisonous Apple』 »

コメント

こんにちは、Boom-Jackieはホント何とか出してほしいです。Terry SmithのCD、購入しました、結構良い感じですネェ。

投稿: TEMPO | 2006年2月11日 (土) 16時21分

Terry Smithは注文してるのですがまだ届いてなくて......
HMV、Amazonは予約注文を受け付けるのですが、発売予定日に出荷されることは、まずないですね。

昨年からUKのレア盤がどんどんCD化されてるので、Boom-Jackieもそろそろかと期待しているのですが....

投稿: MOJO | 2006年2月12日 (日) 16時16分

Terry Smith、私も予約しておりますがやはり未着です。海外の通販サイトでは未リリースとの表示もあったのでまだ出ていないんだと思っていました。早く聴きたいです。

昨年からVocalionでのDecca系列レア盤再発が活発化してますが、ここらで打ち止めの感がありますね。

Michael Garrickといえば、エアボーンのトリオ物もどこかで出してくれないかな。

投稿: hopper | 2006年2月12日 (日) 20時19分

エアボーン盤は難しいでしょうね。
自主製作でしょうし、マスターが残ってるとは思えず、また一度聴かせてもらったことがありますが、盤質が悪かったのでディスクおこしも無理でしょうしね。

投稿: MOJO | 2006年2月13日 (月) 10時06分

Boom-Jackie、とうとうアナログで再発ですね!

投稿: hopper | 2006年6月 7日 (水) 22時53分

"Boom-Jackie"のリイッシュは同時リリースの"Jazz Quintet 60"とあわせ、世界中のジャズファンへの大きなプレゼントですね。
ただ...私にとってはCDのほうがありがたかったのですが...

投稿: MOJO | 2006年6月 8日 (木) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/8604628

この記事へのトラックバック一覧です: 『Jazz In Britain '68-'69』:

« 『Lena Jansson - Pay Some Attention To Me』 | トップページ | 『宮本直介 - Poisonous Apple』 »