« 『Junior Romero - La Jungla』 | トップページ | Tony Luis »

2006年6月28日 (水)

『Joe pass - Better Days』

   ワールドカップもベスト8が出揃い、いよいよ面白いカード目白押しで
とても楽しみである。

しかし、各国の代表選手の個々の強さ(身体のデカさとかだけでなく,速さや
持久力、また精神力などあらゆる面で...)にはつくづく感心させられる。

日本代表の課題は、ここらあたりのベーシックなところにあるのかも?

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

本格的に蒸し暑くなってきたので、ついついビール、焼酎を飲み過ぎぎみに
なるのだが、ほどほどにしつつ今日は野球観戦。
例によって、テレビの音は消したままCDをプレイ。

Joe_pass_better_days_cdrJoe_pass_gwyn_1001Joe_pass_better_days_cd『Joe pass-Better Days』

(左)Carol Kaye製作のCDR
(中)original LP (Gwyn 1001)
(右)90年代の正規盤CD

存在は随分以前から知っていたのだが、なぜかオリジ盤には巡りあえなかった。
CDが96~7年ころにリリースされたていたことを知り探してみたが、直ぐに
廃盤になったようで、こちらも入手困難。

そんなこんなで忘れかけていたが、ちょうど1年ほど前、たまたまネット
サーフィン中に、CDRを販売しているサイトに遭遇。
このレコード(Gwyn 1001)のプロデューサーでかつベーシストとして参加
しているCarol Kayeが自己のサイトでCDRにコード表をオプションとして
販売しているのだ。

早速購入した。

録音は71年とのこと。
但しCDRでは、71~73年にかけて録音したレコードには収録されていない
Joe Pass、Paul Humphrey、Carol Kayeでのトリオ・セッションを収録。
(正式リリースのCDにもトリオ・セッションは収録されていた)

これがなかなかいい内容なんです。(もちろん好みはそれぞれでしょうが)

LPでリリースされたセッションは、Joe pass,Ray Brown, Tom Scott,
Joe Sample, Earl Palmer, Paul Humphrey, Tom Scott, Conte Candoli,
JJ Johnsonの大きな編成のもので、通常なJoe passのプレイとは違い、
フュージョン、ファンクといった感じで、なかなかのグルーブ感。
もちろんCDに追加収録されたトリオも同じ趣である。

70年代あたまということは、Creed TaylorのCTIの成功に触発されたことに
間違いないだろう。
まさに当時のCTI路線のノリである。

内容がジャストミートだったので、正規盤のCDが欲しくなり、ときおり
検索していたのだが、最近になって「P-Vine」からリリース予定である
との情報を入手。
楽しみである。
できれば、LPと同じオリジナル・カバー・デザインでリリースしてほしいなぁ。

|

« 『Junior Romero - La Jungla』 | トップページ | Tony Luis »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/10717237

この記事へのトラックバック一覧です: 『Joe pass - Better Days』:

« 『Junior Romero - La Jungla』 | トップページ | Tony Luis »