« 『渡辺貞夫 - How's Everything』 | トップページ | 『Clarke & Boland - Live In Prague』 »

2006年8月 7日 (月)

『Judy Bailey - Colours』

何とこんなものがCD化されている。

Judy_bailey_colours

 『Judy Bailey - Colours』
  OZ Eureka ,1976


オーストラリア盤を意識し始めた頃に入手し、密かに愛聴していた盤である。
ジャズというより、レア・グルーブ、ブラジリアン・フュージョンといった内容。
彼女はピアノでなくフェンダー・ローズをプレイ。
(ローズの音には、いつもなんとも言えない気分にさせられる)

初めてこれを聴いた時、彼女の器用さというか幅の広さに感心。
モダンジャズ、ディキシー、ブルース、ファンク、歌伴...あらゆる盤に
参加しているもんなぁ。

その内容ゆえに、一時期クラブ系で注目を浴び、そこそこの相場で動いて
いたはず。

今回のCD化もどうやらそのクラブ系からのチカラによるもののようだ。

CDRにしようと考えていたところだったんで、これはありがたい。

CBSの2枚、できれば『3 Out』のCBS2枚も含めてCDで再発してくれないかなぁ。

|

« 『渡辺貞夫 - How's Everything』 | トップページ | 『Clarke & Boland - Live In Prague』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/11319649

この記事へのトラックバック一覧です: 『Judy Bailey - Colours』:

« 『渡辺貞夫 - How's Everything』 | トップページ | 『Clarke & Boland - Live In Prague』 »