« 『Japan Jazz All Stars - From Japan With Jazz』 | トップページ | 『Phyllis Marshall - That Girl』 »

2006年10月23日 (月)

『藤井貞泰 - Psalm』

馴染みのバーで、取れたての丹波の枝豆(黒豆)を少し分けてもらった。
正直あまり期待していなかったが、粒揃いで味もバツグンである。
昨日の日曜日は思わず酒が進んでしまい、家での晩酌だったにも関わらず、
今日は少し二日酔い気味だ。

二日酔い気味という訳ではないが、今週は少し酒を抜こうかと考える。
できれば週末までは外で酒を飲まないでおこうと。

実はMilesのブートDVDやら、LP、EPと、それぞれ作ろうとして、中途半端に
中断しているものが溜まってきている。
中には人から借りている物もあるもんだから、今週で決着をつけてしまおうと
思っている。
酒を飲まなければ、早く帰宅して、いろいろと溜めているものを消化できる
のではないかと思ったしだい。

手始めにCDRを作ったのがこれ。(これが借り物なんです)

PsalmPsalm_label 

 『藤井貞泰 - Psalm』
 Psalm Records PSA-0001, 1984


藤井貞泰は関西で活躍しているピアニスト。
彼のピアノが聴ける音源は、実は以前に書いた宮本直介のリーダー作
しか手元にない。
たまたま先々週末に寄ったジャズ・バー「TOP RANK」で、マスターのT氏と
邦人ジャズの話をしていたら、「こんなんあるで」と棚から抜いて
見せてくれたのがこのLPだった。

マスターとの話しは概ねこんな感じ。
「邦人ジャズ盤はおもろないのがバレてきたんちゃうか」
「ええのはほんまにすくないわな。」
「しかし関西ローカルもんでおもろいのは特に少ないなぁ。こないだ
 CD化された田中さんのレコードくらいちゃうか?」
「関東方面にはそこそこあるんやけどなぁ..関根のスマイル盤とか
 海ジョニとか...」
「そういやぁ藤井さんのLPがあるわ。本人からもらったやつが。
 こないだのジャズ批評にも載っとったで。」
「内容ええのか?(普通やったと思うで)取り敢えずCD作ろか..」

というわけで初めて聴いたのだが、普通ですな。というか少し退屈。
訥弁で素朴な感じのピアノやなぁ、というのが第一印象。
録音しながらだったんで最後まで聴いたが、先日CD化された田中さん
の盤が数段上ですな。

私自身、リスニングの傾向に波(サイクル)があるので、暫く経過して
再聴するとまた違った感じ方をするかも。
(最近はファンク系のものか、キツメのピアノばかり聴く傾向なので)

ということで、作ったCDは速攻でラックに収納した。

|

« 『Japan Jazz All Stars - From Japan With Jazz』 | トップページ | 『Phyllis Marshall - That Girl』 »

コメント

私も日本人ジャズは流石に飽きてきました。。。関西と言えば市川修さんのBody AND SOUL(関西ですよね?)というアルバムがあったような気がしますがお持ちですか?ところで関根さんの2枚はCD化まだなんでしょうか?

投稿: TEMPO | 2006年10月24日 (火) 23時19分

市川修さんの Body and Soul ですか...そういえばそんなアルバムありましたね。
市川さんといえば、確か京都を中心に活躍している人ですね。
ずいぶん昔、とある廃盤店で聴かせてもらったいた覚えがあるのですが、残念ながら手に入れたことはありません。(内容もほとんど記憶にないです)

ところで、Thinkの邦人レア盤には結構楽しませてもらっているのですが、最近、ジャズ批評とユニオン(Think)のタッグがハナについてしょうがないのは私だけなんでしょうか?

ともあれ関根のスマイル盤は早く聴いてみたいですね。

投稿: MOJO | 2006年10月24日 (火) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/12396494

この記事へのトラックバック一覧です: 『藤井貞泰 - Psalm』:

« 『Japan Jazz All Stars - From Japan With Jazz』 | トップページ | 『Phyllis Marshall - That Girl』 »