« 『藤井貞泰 - Psalm』 | トップページ | セシリオ & カポノ in 大阪 »

2006年10月26日 (木)

『Phyllis Marshall - That Girl』

大木金太郎が逝ってしまった。
ガキのころ、プロレス小僧だった私は大木金太郎が一番好きだった。
町内に当時の日本プロレスの常宿があったため、年に2回程度
やってきて、いつも私たち子供を可愛がってくれた。
肩車をしてくれたり、頭突きの相手をしてくれたり....
リングではとても怖い彼が、我々を相手にしてくれたときに見せて
くれた人懐っこい満面の笑顔が忘れられない。
ご冥福をお祈りします。

◇  ◇  ◇  ◇

先日の藤井盤に続き、日本シリーズを見つつ、CD化をしたのがこれ。
(あ、そうそう、日ハム優勝おめでとうございます。いいチームになったもんだ)

Phyllis_marshallPhyllis_marshall_label 

 『Phyllis Marshall - That Girl』
  Canada Columbia FL-314, 1964


カナダで歌手、TV女優として活躍した人らしい。
1921年生まれだそうだから、このアルバムを作ったのは43歳のときか。

歌は決して上手くないが、スタンダードを丁寧に歌っている、なかなか味わい
のあるアルバムである。
なんといっても、Buck Clayton、Buddy Tateの2管がフロントのクインテットの
バッキングがすばらしい。
このバッキングがなければただのクズ盤だっかたも。

なぜかカナダ盤のみで、アメリカではリリースされなかったようだ。
友人の廃盤店では常連さんに薦めたおしていたので、関西ローカルの一部
ボーカルファンの間では少しだけ話題になったアルバムである。

安ければ買ってもいいかも。(ちなみに、Stereo、Mono両方でてます)

|

« 『藤井貞泰 - Psalm』 | トップページ | セシリオ & カポノ in 大阪 »

コメント

ボボ・ブラジルとの石頭合戦、猪木との壮絶なセメントマッチ…けっこう印象に残っている日プロ時代からの頑固者というイメージ。
昭和プロレスを駆け抜けた大木金太郎氏死去の知らせはやはり、ショックでした。
猪木は、ライバルたちに先立たれました。
大木氏のご冥福をお祈りしたいと思います。

投稿: 安頓 | 2006年10月27日 (金) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/12442278

この記事へのトラックバック一覧です: 『Phyllis Marshall - That Girl』:

« 『藤井貞泰 - Psalm』 | トップページ | セシリオ & カポノ in 大阪 »