« 『Phyllis Marshall - That Girl』 | トップページ | クラプトン in 大阪 »

2006年11月 1日 (水)

セシリオ & カポノ in 大阪

Cecilio_kapono






Cecilio & Kapono のライブに昨日行ってきた。
場所は Blue Note Osaka、願ってもないサイズの小屋である。

73年のデビュー以降、70年代に3枚のアルバムをメジャー・レーベルでリリースし、
その後はハワイでノンビリと活動していた彼ら、殆ど意識の外となっていた
ミュージシャンだったが、昨年、馴染みのバーで2003年のライブ盤を聴いてから、
ハワイのローカル・レーベルでリリースされたアルバムを片っ端から手に入れ、
しばらくヘビー・ローテションで聴くようになっていた


Blue Note Osaka でライブがあると聴いて、件のバーのマスター(ちなみに同級生
で元サーファーでかつハワイ・フリーク)と彼の友人の女性二人(これまた同級生)と
 「絶対いくでぇ~」
ということになり、繰り出したしだい。

会場に入ると年齢層が高いことに驚かされる。ほぼ同世代ばかり。
70年代後半に青春時代を送り、C&K や Eagles などに心を奪われていた世代だろう。
スタート早々から涙ぐんでいる女性もいて、Cecilioが思わず声をかけるということも。
そりゃぁ色々思い出しますわな、多感でガキだった頃のことを。
私自身も思わず心を揺さぶられました。

とにかく、たまらないライブだった。
バッキング・メンバーは一切なしでギター2本のみ、でも良かったなぁ。
あのハーモニーは健在、二人とも30年前から変わってません。
「Night Music」、「Friends」、「Sunflower」、「Sailin'」...おなじみの
ナンバーばかり。
CecilioのオチャメなMCも印象的だった。

いろんな要素が入った(S&Gの影響やcountry tasteや、もちろんHawaiian...etc)
彼らならではの音楽。
最近流行りの言葉でいうと『島唄』というところかな。

あ~ぁ、なんだかハワイに行きたくなるよなぁ

|

« 『Phyllis Marshall - That Girl』 | トップページ | クラプトン in 大阪 »

コメント

MOJOさん 毎度 !
私も昨晩 1st Stageでした。 前の席で女性が涙ぐんでいたので MOJOさんも 1stだったんですね !  いやー 33年前ですからね。とにかくあのハーモニーにはやられちゃいますよね。 もう少しバラードが多くても良かったですよね。 セシリオとは初対面でしたが 海がめみたくて良い奴でしたね。トレーナーにサインもらいながら あんまり気さくにコンサートしているから 普段着だろって突っ込んでおきました。 私も彼らもいい年ですから もう二度と会えないかも ?   MOJOさんと どこかで会えること期待してます。
今日は朝一番の便で 今 香港にいるんです。 夕べは BlueNoteだったのに! ではでは お元気で !

投稿: 大阪のおっさん | 2006年11月 1日 (水) 20時00分

そうです。1st stageですわ。
アンコール込みで約70分。もう少し聴きたかったですね。

投稿: MOJO | 2006年11月 1日 (水) 20時30分

こんにちは、MOJOさん、大阪のおっさんさん。私も31日の1st行きました。30年振りで懐かしく涙ちょちょ切れもんでした。途中のロック,レゲ・・・C.S&Nよりもっとバラード聴きたかったですね。アンコール曲は絶対WE’RE ALL ALONと思っていたのにすき焼きSONGとはちょっと残念。まあ日本のファンにサービスですかね。KALAPANAもいいですが秋の夜にはやっぱS&Kのバラードですね。

投稿: mac | 2006年11月 2日 (木) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/12512237

この記事へのトラックバック一覧です: セシリオ & カポノ in 大阪:

« 『Phyllis Marshall - That Girl』 | トップページ | クラプトン in 大阪 »