« JBが逝っちまった | トップページ | 『The Allman Brothers Band - At Fillmore East』 »

2006年12月30日 (土)

『Carole King - The Carnegie Hall Concert 1971』

いよいよ今年も終わりである。
年々、正月らしくないと感じるのは何故だろう。

ともあれ、正月用の酒、その他もろもろを買いにクルマで出かける。

出かける際に郵便受けをみると、CDが届いていた。
こんなもん出てたんかいな! と最近気づき注文していた物である。

Carole_king_live

 『Carole King - The Carnegie Hall Concert 1971』



1971年6月18日、New York の Carnegie Hall でのライブ盤である。

この時期彼女は、大名盤『Tapestry』をリリースした直後。
SSWとして不動の地位を築きはじめた頃である。
(職業作曲家としてはとっくに成功。「Locomotion」は彼女の曲だもんなぁ)

折しも、『Tapestry』からシングル・カットされた「I'ts Too Late」が
このコンサートの翌日から5週連続全米No.1を獲得しているそうだ。

買い物の往復でちょうど全部聴き終えたけど、すごく良いわこれ。

Danny Kortchmar(g)、Charles Larkey(b)のサポートがクレジットされているが、
聴いた印象は全編シンプルな彼女の弾き語り。
「You've Got A Friend」とメドレーでは、サプライズ・ゲストでJames Taylor
が登場している。

録音も悪くない、もちろん彼女の声、曲は最高。

最初のリリースは1996年だそうだ。
よくぞこんな音源が残ってたものだ。

2006年締めくくりとしてはベストかな。

|

« JBが逝っちまった | トップページ | 『The Allman Brothers Band - At Fillmore East』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/13265629

この記事へのトラックバック一覧です: 『Carole King - The Carnegie Hall Concert 1971』:

« JBが逝っちまった | トップページ | 『The Allman Brothers Band - At Fillmore East』 »