« 『Carl Drevo & Clarke Boland - Swing, Waltz, Swing』 | トップページ | 『かんさい特集-関西ジャズ』 »

2007年1月14日 (日)

新春大歌舞伎

Osakashochikuza




大阪松竹座へ「新春大歌舞伎」の観劇に行ってきた。
初めての歌舞伎観劇である。

2~3年ほど前から馴染みのバーで著名な歌舞伎役者さんと幾度となく同席する
するようになっていた。
この役者さんたち、バーのマスターと昵懇であり、またほぼ同い年ということも
あり、同席した際はいつもバカ話で盛り上がるものだから、以前は全く興味が
なかった歌舞伎が何となく気になるようになり、一度は観てみたいと思うように
なっていた。

一昨年の「勘三郎襲名披露」公演が大阪松竹座で行われた際に、観たい!! と
思ったが、当代一の人気役者の、しかも襲名披露ということもあり、席の確保が
できず残念ながら断念。

昨年暮れに件のバーで「新春大歌舞伎」の公演を知る。
このマスター、いつも歌舞伎の公演ポスターをトイレに飾ってるんです。
何気なくポスターを眺めていると、会えばバカ話をする役者さんが出演するのは
もちろんであるが、なんと最近とかく話題の海老蔵まで出るじゃないですか。
豪華なメンバー、演目も取っつきやすいと聞き、早速マスター経由で座席確保を
お願いをしたしだい。(「勧進帳」なら私でもあらすじを知ってる。)

てなことで、昨日昼の部を観劇。
二日酔いでフラフラしながら大阪松竹座へ。

Sinshun_okabuki_2007_1 最初の演目は成駒屋兄弟メインの『毛谷村』。
翫雀さん、酒席以外でお会いするのは初めてですね。
ほんの10時間ほど前まで同席し、ギャハハハハハハハ~
とバカ話していたとは思えない...さすがでした。

続いては成田屋十八番の『勧進帳』。
團十郎と藤十郎の共演は有史以来初めてのことだそうだ。
が、ここは成田屋のお家芸、團十郎、海老蔵が中心。
これが本当にすごかった。
團十郎弁慶がありもしない勧進帳をそらんじるあたりから、海老蔵富樫とお互い
見事な動きでたたみかけるような問答、それで持ってバシッとミエをきる。
鳥肌がたちましたわ。ほんまサブイボもんです。
弁慶が飛び六法で花道から引っ込み幕が閉じた後、しばらく余韻に浸り、席から
立てなかったくらい。
これまで経験したライブはいろいろあるけど、こんなに興奮したのは20数年前
のウェザー・リポートのオープニング以来。
團十郎もいいが、海老蔵という役者 本当にすごいですわ。

おしまいは、大看板 藤十郎の『封印切』。
話の内容は暗いものと思っていたが、軽妙洒脱な展開。
これがまたすばらしい。

いやぁ~ほんとに生(ライブ)ちゅうのは凄いわ。
歴史に裏打ちされた伝統芸であり、しかも当代の名優たちの舞台である。
初めての歌舞伎であっが、立ち姿、動き、ミエ、形式美、リズム...
あらゆることに圧倒される。

こりゃはまりそうだなぁ。

|

« 『Carl Drevo & Clarke Boland - Swing, Waltz, Swing』 | トップページ | 『かんさい特集-関西ジャズ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/13485602

この記事へのトラックバック一覧です: 新春大歌舞伎:

« 『Carl Drevo & Clarke Boland - Swing, Waltz, Swing』 | トップページ | 『かんさい特集-関西ジャズ』 »