« 『かんさい特集-関西ジャズ』 | トップページ | 『Julie Driscoll & Brian Auger - Open』 »

2007年1月21日 (日)

『Miarkos Alexiou - Sphinx』

昨日は朝から有馬温泉の「金の湯」へ。
温泉での朝風呂はたまりませんな。

午後は先週に続き、『新春大歌舞伎』夜の部の観劇にミナミへ。
先週は関係筋に席をお願いしたので、これ以上ない良席であったが、
そうそう贅沢もできないし、関係者の手を煩わすのも申し訳ないので
今回は3等席を自力で確保。
東西の名優の技を堪能する。

その後はいつものコースで痛飲。

なんとも贅沢な一日だった。

   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

週末に発注しておいたCDが届いた。

Sphinx_trio

 『Miarkos Alexiou - Sphinx』
    rec. 1979


  MIARKOS ALEXIOU (p,vo)
  GEORGE FILIPPIDIS (b)
  GEORGE TRANDALIDIS (ds,per)
  
  1. NARDIS
  2. EVERY DAY
  3. THREE MUSKETEERS
  4. ROUND MIDNIGHT
  5. SPHINX

ギリシャ人によるピアノ・トリオ盤である。

昨年の12月頃、ネットサーフィンしていて、ユニオンのストアブログで
CD化されたことを知る

オリジ盤はここ数年何度かお目にかかることはあったが、特に興味が
わかず内容は未聴であった。
友人に確認すると「まぁまぁ」とのことだったのでなんとなく聴きたくなり、
早速ユニオンへ連絡を入れてみた。
「現在在庫ありません。次入るかどうかも判りません」とのこと。
応対に気分を悪くし、どこか扱っている店はないかとネットで検索すると
ギリシャのサイトを発見。
送料を入れると結構は価格になるが、勢いあまって発注したしだい。

Miles の「NARDIS」、オリジナル曲の「EVERY DAY」と聴きすすんでいくと、
「なんやエバンス・フォロアーかいな」という感じである。
3曲目の「THREE MUSKETEERS」になるとチックのRTFのようなプレイとなり
中間はフリーっぽい掛け合いとなる。
残りの曲はエバンスが顔をだしたり、フリー・プレイが出てきたりと...
フリー・プレイも支離滅裂になることなく、ベースのブンブン感なぞは
なかなかのもの。

少しキツメなトリオが好きな当方には、そこそこ好印象の残る盤であった。

|

« 『かんさい特集-関西ジャズ』 | トップページ | 『Julie Driscoll & Brian Auger - Open』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/13600265

この記事へのトラックバック一覧です: 『Miarkos Alexiou - Sphinx』:

« 『かんさい特集-関西ジャズ』 | トップページ | 『Julie Driscoll & Brian Auger - Open』 »