« HELEN WARDのコロンビア盤 | トップページ | 『Meirelles e os Copa 5 - O Som』 »

2007年3月26日 (月)

『Ted Vining - Number 1』

相変わらず多忙が続いている。
帰宅しても、パソコンの電源を入れる気にもならない日が続き
ブログを更新する気にもならなかったんだが、今日早めに帰宅
すると楽しみにしていたCDが届いていたたので聴きながらログ
を書いているしだい。

Ted_vining_number_1

 『Ted Vining - Number 1』
  原盤は、Aussie 44Record  rec.1976&77


まさかこんなものがCD化されるとは思ってもみなかった。
私が入手したのはAussie issueの輸入盤であるが、日本盤も出てる
ようで二度ビックリ。

以前所有していたが、知人に請われ手放して後悔していた盤である。
実は「CDRに落とすから貸してくれ」と知人にお願いしようと思って
いたところに、このCDの存在を知り、あわてて発注しておいたもの。

リーダーのTed Viningはドラマーであるが、70年代にこの盤を含め
3枚(正確には2枚半)のアルバムを残している。
いずれもメンバーは、彼とBob Sedergreen(p)、Barry Buckley(b)の
トリオにBrian Brown(ts)やAlan Lee(per)が数曲入る構成であり、
トリオ演奏を中心にプレイを聴きことができる。

ピアノの Bob Sedergreen が McCoy Tynerっぽい、なかなかのプレイ
を聴かせ、本盤と"PBS-FM"でのライブ盤はオーストラリア盤の中でも
数少ない好盤の一つではないだろうか。

なかなかCD化されないオーストラリア盤ではあるが、これが再発
できるのなら、他のタイトルも期待できるかも。

さすがにCBSの Judy Bailey や 3 Outは無理だとしても、"44"、"ABC"、
"Larrikin"あたりにも内容の良いタイトルがあるのでCD化を望むところ。

中途半端な邦人ジャズより、このあたりに注力してくれればありがたい
のですがねぇ...○ニオンさん...

|

« HELEN WARDのコロンビア盤 | トップページ | 『Meirelles e os Copa 5 - O Som』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/14417851

この記事へのトラックバック一覧です: 『Ted Vining - Number 1』:

« HELEN WARDのコロンビア盤 | トップページ | 『Meirelles e os Copa 5 - O Som』 »