« 週末バカ日記 | トップページ | 『Michael Garrick - Moonscape』 »

2007年6月 4日 (月)

松本人志とMichael Garrick

先週の土曜日に松本人志の『大日本人』を観た。

Dainippon だいたい想像していたとおりの映画であった。
10数年前のビデオ作品『頭頭』や『ごっつええ感じ』でのコントの
延長線上のものといった感じである。

日曜日にテレビでこの映画のニュースをみていたら、インタビューを受け
「大爆笑でした!!」というコメントが多かったが、そうではないだろう。

私が劇場で観た際の客の反応は、私を含め含み笑いが殆どで、客が爆笑した
のは板尾との掛け合いのくだりのみである。
この部分こそまるで『ごっつええ感じ』のコントなのだ。

私的には好きな笑いではあるが、わざわざ映画にすることもないかなぁ... と
いうのが正直なところ。

吉本興業の必死のプロモーションが目立つが、松本人志本人は迷惑がって
いるのではないだろうか?

  ◇  ◇  ◇  ◇

日曜日にとんでもないレコードの再発を知る

Moonscape

 『Michael Garrick - Moonscape』
    Airborn原盤、1964


ピアノトリオものの最難関の一枚である。

本盤、宗教関連団体からみと思しき出自?であり、極端にリリース枚数が
少なかったのか、世界中の殆どのレア盤が集まるこの日本においてさえ、
めったにお目にかかれないアルバムである。

探していた人、一度でいいから聴いてみたいと思っていた人たちには
大朗報だろう。

私は過去に2度お目にかかったことがある。
何れもプレスが悪かったので、マスター・テープがない限り再発は困難
だと思っていた。

内容はあまり面白くなかったと記憶するが(地味なプレイだったはず)、
どんな音での再発か興味津々。
早速CD/LP双方とも予約注文した。
到着が楽しみである。

|

« 週末バカ日記 | トップページ | 『Michael Garrick - Moonscape』 »

コメント

お久しぶりです。Moonscapeは私も2度遭遇しましたが何となく再発されそうだったので通り過ぎました。この辺は聴ければよいので大枚叩かなくて良かったです。ちなみに私もCD、アナログ両方予約しました。

投稿: Tempo | 2007年6月 4日 (月) 20時08分

大枚はたく内容ではなかったはずです。
でも、ピアノトリオ盤ブームの頃は取り合いでしたよね。
ともあれ、ここのところ数カ月毎に面白い再発が出るのはジャズファン
にはありがたいことです。
完成度が高い再発であることを祈るばかり...

投稿: MOJO | 2007年6月 5日 (火) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/15313297

この記事へのトラックバック一覧です: 松本人志とMichael Garrick:

« 週末バカ日記 | トップページ | 『Michael Garrick - Moonscape』 »