« 『小野リサ - Soul & Bossa』 | トップページ | ジョー・ザビヌル逝く »

2007年8月24日 (金)

『The Soul & Jazz Of Timo Lassy』

やっと夏休みがとれた。

とはいっても、前から予定していた海技免許更新の手続きの
ための1日だけの休日である。
約2時間つまらない講習を受講したのだが、ビデオ講習の合間に
こっそりワンセグで高校野球の決勝を観戦。
ワシは高校生かっ!! とセルフ突っ込みをいれながら...

しかしなんですな、あれは100%ストライクやわな。
監督の覚悟を決めた発言も理解できる。
だって何も言えない子供たちがかわいそうやもん。

挙げ句の果てには、高野連から厳重注意ですか...
なんや最近よう判らんですな。

高校野球は教育の一環ということは充分承知してます。
私も部活の経験があるが、忍耐とか集中力とか目標に向かって
突き進む意志とかたくさんのことを学び、おっさんになった現在
でも「ええ経験させてもろうた」と思っている。

でも、特待生問題とか不祥事発生時の裁定とか、高野連ちゅうのは
浮世離れしとるとか思えんわ。

まぁ、一部の父兄、マスコミにも責任があるとは思うが...

  ◇  ◇  ◇  ◇  

最近、仕事&プライベートが多忙で家でゆっくりすることができない。
相変わらず買ったままで未開封のCDがたまる一方である。

これはイカン、ということで海技免許更新の当日、気になっていた
ものを1枚だけiPodに落として出かけることにした。

Soul_jazz_of_timo_lassy

 『The Soul & Jazz Of Timo Lassy』



クラブ・シーンで評判のテナーマンだということで、ネットで少し試聴。
なかなかよさそうだと思って買っておいたもの。

iPodで通して聴いてみたが、これがなかなかのもの。

Joe Henderson の「Page One」や Lee Morgan の「The Sidewinder」、
Hancock の「Empyrean Isles」などの 60年代の Blue Note 諸作の
匂いがプンプン。
それでもって、ブリブリのブロウ系テナーとなれば私の大好物である。

でも繰り返し聴いていると、
・あまり新しさを感じへんなぁ~...やっぱりサイドワインダーは偉大やで。
・よくブロウするテナーやと思ったが、よく聴くとなんかザラついた音やなぁ。
 やっぱ、ジョーヘンやショーターやタレンタインの音には勝てんわな。
てな感じですわ。

彼がいる最近評判の Five Corners Quintet が気になっているが
買うかどうか迷ってしまうなぁ。

|

« 『小野リサ - Soul & Bossa』 | トップページ | ジョー・ザビヌル逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/16222487

この記事へのトラックバック一覧です: 『The Soul & Jazz Of Timo Lassy』:

« 『小野リサ - Soul & Bossa』 | トップページ | ジョー・ザビヌル逝く »