« 『Jack Van Poll - Hi Jackin'』 | トップページ | アル・クーパー in 大阪 »

2007年11月 7日 (水)

『3 Great American Voices』

Osaka_jo_hall_200711063_great_american_voices 




キャロル・キングを聴いてきた。

『3 Great American Voices』と題されたライブ。
キャロル・キングの他に、メアリー・J・ブライジとファーギーが登場。
何れもビッグ・ネームのアーティストである。

もちろん狙いはキャロル・キング。
今年のゴールデン・ウィーク頃に来日の情報を入手して、チケットを
押さえたのが6月中旬頃。
やっと今日という日がやってきた。

1990年に一度来日してたそうだ。
当時、ジャズにトチ狂ってたのでロック系の情報は耳に入らず、来日して
たことなんて全く知らない。

生でキャロル・キングを見る、聴くことができるなんて叶わないと思ってた。
彼女も65歳、間に合った!!という感じだ。

で、ステージの様子であるが....

3番手で登場。
弾き語りの「Home Again」でスタート。
最初のピアノの音、その後の歌いだし、正にキャロル・キングそのもの。
いきなりさぶいぼ(=鳥肌)が出ましたわ。
その後も「So Far Away」、「Sweet Season」、「You've Got a Friend」、
「Smackwater Jack」...シメは「I Feel the Earth Move」。
いやぁ~全く、たまりませんな。
曲間のMCではおちゃめぶりを発揮。
「Smackwater Jack」でギターをプレイする姿なんてかわいいったら
ありゃしない。

言わずもがな、70年代の世界のミュージック・シーンを代表する一人。
改めて彼女のソング・ライティングの才能が希有であると思った。
だって、60年代には職業音楽家として、もはやスタンダードとなっている
「ロコモーション」、「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」も
生み出してるんだもんな。

さて、あとの二人だけど...

メアリー・J・ブライジ。
名前は知っていた。
なんといってもR&Bのトップ・スターである。
バツグンのステージだ。
ソウルフルな彼女のパフォーマンスもさることながら、ブラザー&シスターで
しめたバッキング・メンバーが最高。
特に、ドラムとベースのキマリ具合ったら、ため息出るくらいのデキ。
少し90年代の香りが漂う感もあって、これはこれで大満足。

ファーギー。
この人が一番ビックリ。
”ヒップ・ホップ系アーティスト”という程度の情報しか持って
いなかった。
前半のヒップ・ホップ・ナンバーも良かったが、バラードを歌った時の
歌の上手さに舌を巻く。
セクシーでパワフルでキュートでステージングもうまい。
何故かバツグンに勢いのあったころのシンディ・ローパーとイメージがダブル。
2006年のファースト・ソロ・アルバムから3曲がビルボードのNO.1に
なったというのもうなずけるほどの良さだった。

ワールド・マーケットを相手にし、ヒット・チャートやグラミー・アワードを
騒がせているアーティストのパフォーマンスというものは、さすがにスゲーな
という感じである。

オーラスは3人揃ってキャロル・キングの「Natural Woman」で締め。

いやぁ~楽しめましたわ、ほんとに。

|

« 『Jack Van Poll - Hi Jackin'』 | トップページ | アル・クーパー in 大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/17002914

この記事へのトラックバック一覧です: 『3 Great American Voices』:

« 『Jack Van Poll - Hi Jackin'』 | トップページ | アル・クーパー in 大阪 »