« Joe Harriott's EPs | トップページ | 『Nate Morgan - Journey Into Nigritia』 »

2007年12月30日 (日)

『HAL SINGER & JEF GILSON - Soul Of Africa』

今年もあとわずか。
ここにきて風邪をひいてしまう。
何とかぬけてきたので、正月はシャキッとして迎えられ
そうである。ヤレヤレ...

レコードコレクターから抜け出そうと決心して約4年。
アナログ盤を買うことはなくなったが、相変わらず
レア盤がリイッシュされると買ってしまう。(CDだけだけど)

また、コレクションを処分する際に、内容を気に入ってる
ものに関しては、めんどくさい..滅多に聴かないのに...
とか思いながらも、セッセとCDRに落としてしまう。

まだまだ煩悩は払拭できてないようである。

しかし今年はレア盤のリイッシュが多かった。
一生懸命手持ち盤をCDRに落としたらすぐにリイッシュ決定
なんてことが少なからずあって、ありがたいやら、残念やら
妙な気持ちにさせられる。

先日もこのレコードをCDRに落としたのだが、今日になって
再発の情報が....

Soul_of_africaSoul_of_africa_label  
 『HAL SINGER & JEF GILSON
         - Soul Of Africa』

  LE CHANT DU MONDE LDX-74556


タイトルから想像するとキツメのスピリチュアル系と思われ
るかもしれないが、モダン系ファンにも充分楽しめる好盤である。

一部vibも入るが、ts、p、b、ds それとperでのプレイ。
アフリカン・パーカッションの上で朗々と吹くハル・シンガーの
テナーがバツグンである。
A面2曲はジェフ・ギルソン、B面3曲はハル・シンガーのペンによる
ナンバーだが、特にB面がいい感じだ。
ロリンズのサキコロをイメージさせるところもあり、好きな人には
たまらないだろう。

グラブ系筋の需要のせいか、最近とみに相場が上がってるみたい
なのでリイッシュは朗報でしょう。
昔は安かったのになぁ...

ハル・シンガーはマイ・フェイバリット・テナーの一人。
久しぶりに『Blue Stompin'』聴いてみようか...

|

« Joe Harriott's EPs | トップページ | 『Nate Morgan - Journey Into Nigritia』 »

コメント

まさか小野満まで再発するとは、、、良い時代になったもんですね。
Hal Singerもいつ頃でるのか分かりませんが滅茶苦茶楽しみです。また来年も色々出るんでしょうね。

投稿: Tempo | 2007年12月30日 (日) 19時12分

和ジャズは結構ハズレも多いですが、こうなったら
とことん再発してもらいたいものです。
東芝、コロンビアはマスターもあるでしょうし。
本音をいえば、当時のマイナー・レーベルものを
聴いてみたいのですが...

投稿: MOJO | 2007年12月30日 (日) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/17523766

この記事へのトラックバック一覧です: 『HAL SINGER & JEF GILSON - Soul Of Africa』:

« Joe Harriott's EPs | トップページ | 『Nate Morgan - Journey Into Nigritia』 »