« アル・クーパー in 大阪 | トップページ | 『HAL SINGER & JEF GILSON - Soul Of Africa』 »

2007年12月23日 (日)

Joe Harriott's EPs

Joe_harriott_5tet_mep1777先週久しぶりにeBayを眺めていると、Joe Harriott
の見たことないEPに目が止まった。

Descriptionによるデータは以下のとおり。
 
『Presenting Joe Harriott Quintet』 Danish Metronome MEP1777 
 <Tracks>
  Senor Blues、Still Goofin'、Count Twelve、Jumpin' With Joe
 <Players>
  Joe Harriott(as)、Hank Shaw(tp)、Bob Orr(ds)、Harry South(p)、Coleridge Goode(b)

なんなんだこれは...デンマーク盤だし...
結構なbidもついてるしなぁ...(結局$152.50で決着)
調べようにも、レコードコレクターを止める決心したとき、ディスコ
グラフィーは処分したしなぁ...

ネットで検索するとあっさりと判明。
どうやら以下EPのデンマーク盤のようである。

『Joe Harriott Quintet - Blue Harriott』
 UK Columbia SEG7939 

Joe HarriottはジャマイカンでUKで活躍した人である。
普通に考えてUK Columbia盤がオリジでDanish Metronome盤は
他国プレス盤でしょう。
最近eBayもYahooもEP相場が上がってるとはいえ、高いなぁ...
Danish Metronome盤もジャケがいいのでそそられるのは判るけど。

なんて考えていると、ふと収録曲"Senor Blues"に目がとまる。
この曲が入ってるUK盤持ってたはず...と、EP収納ケースをごそごそ
あたると出てきました。 (下のジャケ写の右端)

他にこの頃のJoe Harriottが聴けるEPが3枚出てきたので久しぶりに
ターンテーブルにのせてみた。(アナログを聴くのは3ケ月ぶりくらい)

Decca_dfe_6282Columbia_seg_7665Mgm_ep_615Columbia_seg_7939   





どれもクールでモダンなプレイである。
後のインドだ!!フュージョンだ!!なんていってる頃と比べたらまるで別人やね。

彼の良いとき(50年代半ばから60年代初頭)のプレイが聴けるEPは
少なからずあると思っていたが、他人名義盤も含めなんと20枚ほど
あると判明。
こりゃぁ集めるとなると大変だ!! なんて考えてると約10枚分の音源を
収めたCDが存在することも同時に判明する。

もちろん即発注。
到着が楽しみである。


ちなみに今回の情報を拾ったURLは以下リンクです。

 Joe Harriott discography

|

« アル・クーパー in 大阪 | トップページ | 『HAL SINGER & JEF GILSON - Soul Of Africa』 »

コメント

joe harriottのmetronome盤が150ドル超えとは、、、国内でも1万円はしないと思いますが。そう言えばEnrico IntraのHMVのEPも先日980ドルもしてました。

投稿: Tempo | 2007年12月24日 (月) 11時15分

ひぇ~..$980ですか...えらいことになってますね。
書画、骨董に比べりゃまだかわいいもんかもしれませんが、
金にあかせると飽きちゃうと思うんですがねぇ。
欲しい時に見つけて舞い上がる気持ちはよく判りますけどね。

投稿: MOJO | 2007年12月24日 (月) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/17450949

この記事へのトラックバック一覧です: Joe Harriott's EPs:

« アル・クーパー in 大阪 | トップページ | 『HAL SINGER & JEF GILSON - Soul Of Africa』 »