« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月26日 (水)

『Peter Ind - Looking out』

ここのところ幸か不幸か珍しいものを入手したせいか、帰宅すると
レコードを聴く気まんまんである。

野球が始まったせいもあるんですけどね...
毎年野球シーズンになると、テレビの音を消して、レコード・CDを
聴きながら野球観戦をするのが慣例となっているもんなんで。

今日ラックから取り出したのうちの一枚がこれ、

Peter_ind_3Peter_ind_label_3 

 『Peter Ind - Looking out』
   US Wave 1, released 1961


実はこのアルバム、5~6年ほど前にヤフオクに出品したことがある。
なんだか地味で、実験的な雰囲気もあるし、トリスターノの一連のアルバム
と同じで自分には合わん!! ウェウェという唸りも気に障る!!
ということで処分しようとしたんです。   

結局売れなかったので今手元にあるんだけど、出品の際の説明に「このUS盤が
オリジです、珍しいですよ」と書いたのを見て、ある方からわざわざ質問欄に、

「Peter Ind の Looking Out は UKの Esquire盤がオリジナルです。
  Peter Ind は イギリス人です。最初にUK Esquireでリリースし、後に
  彼がイギリスで設立した自身のレーベル『Wave』で再発したんです。
  買い手が混乱しますので、ご注意ください。」
 
というような内容のご忠告を受けまして...ほっときゃいいのだけど、私も
ついつい熱くなってしまい、

「Peter Ind はイギリス人ですが、1951年ころアメリカ移民し、ニュー・ヨーク
  で1957年にレコーディング・スタジオ設立します。
  また1961年にアメリカで『Wave』を興し、件のスタジオで録音していた音源を
  "Looking Out"と表し記念すべきレーベル第一弾としてアメリカでリリースしました。
  この件は、複数の辞典、専門誌、また当時のメトロノーム誌、ダウンビート誌の記事、
  広告で確認しています。
  ちなみにEsquire盤は、当時のUKのジャズ・ジャーナル誌の広告に新譜情報として
  掲載されていますが、US メトロノーム誌の新譜広告の数カ月後の掲載となって
  います。
  UK Esquire盤はUS Wave盤から1年とは遅れていないようですが、明らかに後発です。
  もう一つついでに言いますと、Peter Indは1966-7年ころイギリスへ戻り、1967年
  にイギリスで『Wave』を設立し、"Looking Out" をリイッシュしたり、録り貯めて
  いた一連の音源をリリースすることになりました。
  US Wave盤は自主制作でリリースしたため、殆ど売れてなく,珍しいためあまり知られ
  てないようですね」

というような内容の長文を2回に分けて返信してしまう始末。

当然ながら、これ以上のやりとりはなく、やれやれということになりました。

ついでに書くと、この質問された方、同時期にUK Esquire盤を出品してたんですわ。
自身の出品の際に、Esquire盤が出てるということを認識してたんだけど(ウォッチも
いれてました)、質問者と同一人物と判ったのは、彼が出品を取り下げ、説明文を
変更して再出品してから。 やけに素直な人やぁ と変に感心しましたが。

少しペダンチックなことを書きましたが、実は私の回答の内、ジャズ雑誌のくだりは
友人である廃盤店店主からのもの。

この友人にはホンマに感心させられる。
当時のジャズ誌の広告や読書通信欄なんて、眺めて楽しいだけでなく、まさに情報の宝庫。
彼はこれらの雑誌からもさまざまな情報をピックアップし、自分で検証しながらオリジナル
真贋をジャッジするので説得力がある。
現在は主要な資料しか残してないようだが、その昔は相当数の欧米のジャズ誌を所有して
いて、私もずいぶん参考にさせてもらった。
UK ジャズ・ジャーナル誌なんて、50~60年代分をほぼコンプリートで所有してたんです
からねぇ。

それからdeep groove、flat edge、year mark....etc、オリジを判断する符号は、
彼が使い始めて浸透したものも少なくないと聞く。

家族同然のつきあいをしている、50年代当時ズート等のミュージシャンとつるんでた
ニュー・ジャージー在住のおじいちゃん なんていうすごい情報源も持ってるし。
(もうボケててあてにならんちゅう話しもあるようですが)

やはりプロは違いますな。


ペダンチックついでにもう一つおまけ。
セルマ・グレーセンのWing/Emarcy盤は、Wing盤がオリジナルであるというのが通説の
ようですが、当時はUSジャズ雑誌の広告をみると、Emarcy盤のほうが早く登場します。
WingはEmarcyの傍系レーベルだし、Emarcy盤が先のような気がします。


またまたもう一つ追記、
ブログをアップしようとした際に、「Peter Ind Wave Biography」でググッたら、以下の
情報を発見しました。
Peter Ind のレーベルの公式HP内掲載のバイオグラフィなので正確な情報だと思います。
参考まで。

  『PETER IND - Biography』 http://wavejazz.com/biography.html

私のこの記事にある具体的な年号は、このBiographyを参考にしました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

『古谷充 - ファンキー・ドライブ』

昨日に引き続き、海外より荷物が届く。
いろいろあって最近2箇所へ送金していた残りのひとつだ。

Funky_drivinFunky_drivin_label 

 『古谷充 - ファンキー・ドライブ』
   テイチク NL-3006


まさか、こんなものが今になって手に入るとは....

これも昨日のflexi同様に約5~6年ぶりのメールから手に入れることになった。

以前、邦人ジャズ盤について書いた時にふれたが、私の邦人ジャズ盤コレクション
の数枚が、50~60年代に日本の基地で勤務していたアメリカ人からのもの。

このアメリカ人とはひょんなことからメールをやりとりすることになり、小野満や
白木秀雄らのキング、東芝、テイチク盤をまとめて譲ってもらうという幸運に、当時は
盆と正月がいっぺんに来たぁぁぁぁ  と飛び上がって喜んだ。
お返しに彼の要望でジャズCDの日本盤を送ったりするなど、5~6年前まで関係を
続けていたが、先月もらったメールまで約5年音信不通状態であった。

「4月に引っ越しするので少しずつ家の整理をしているんだが、日本人のジャズ・
  アルバムが出てきてな...お前のことを思い出したんでメールしたんだが、
 以下に書いたレコード要るか?」

たいした期待感もなくなにげにメールの末尾を見て、ひっくり返るくらいビックリ。

あまり高くなければ譲ってほしい。
念のためコンディションも教えて。
それはそうと、何でこんなものが今頃出てきたの。
と返事を入れる。

どうやら、以前、邦人ジャズ盤を譲ってもらった際に所有していたらしく、
何故かジャケだけが確認でき、レコード自体が行方不明だったので、その際
には提示しなかったんだそうだ。
それが、件の整理時にたまたま出てきたんで今回のメールになったらしい。

価格の提示はなく、日本盤ジャズCD、10タイトルとトレードにしようとのこと。
ありがたい話である。

必死のパッチで探してた頃、どうしても入手できなかったものが、こんなこと
で手に入るなんて...しかも2タイトルも...もう何がなんだか...

ますます蒐集癖がぶり返しそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

『The Diamond Five - Sister Sadie』

久しぶりに海外から荷物が届く。
レコードは買わないことにしていたのだが、訳あって最近2箇所へ
送金していた。
その内のひとつが届いたしだい。

Diamond_five_1Diamond_five_2Diamond_five_3   




『The Diamond Five - Sister Sadie』
  not commercial issue, Flexi

オランダの電機メーカーERRES社が販促用に配ったFlexi(ソノシート)だ。

先月、5~6年前までよくヨーロッパ盤を譲ってもらっていたオランダ人の
コレクターからメールが届いた。

「お前が昔探していたダイヤモンド・ファイブのflexiをみつけたで」

あなた、未だ探してたの...こちとらレコード馬鹿を辞めたのに...
とか思いながらメールを最後まで読むと、

「うちの親父がダイヤモンド・ファイブが好きだったらしくてな。
 若いころよくライブに行っとったそうや。
 実はこのflexi、親父の部屋を大掃除した際に出てきてな。
 ふとお前のことを思い出し、久しぶりにメールしたしだいや。
 前に譲ったOmegaのEP2枚も実は親父のコレクションやったんや。」

ともかく提示額が安かったのでひと安心し、譲ってもらうことになった。

思ってたより素晴らしいプレイでビックリ。
痛快なハード・バップである。

細かいデータは判らないが、プレイ内容からみてFontanaでアルバムを
リリースしたころ以降のものではないか。

しかしヨーロッパでは販促でシングル盤やソノシートを配るというのが
流行ったのだろうか?
電機メーカーやレコード・レーベルなら判らんでもないが...
これ以外に、お菓子屋さんが配ったMonica Zetterlundのソノシートや
これもお菓子屋さんが配ったものだが、Georges Arvanitasのシングル
盤(内容はプレトリア盤LPからの抜粋)が手元にあるが、他にもそそられる
ようなものが存在するのだろうか。

いかんいかん、また蒐集癖がぶり返しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

ガーシュインのラプソディ・イン・ブルー

今年に入ってからというもの、忙しいのと体調をしばしば崩すという
ことが続いている。
体調に関しては、治療費に新品CD30枚分程度支払っているくらいだから
少し異常。
やはり歳のせいかなぁ..困ったものだ。

身体がしんどいと何も聴く気にならず、音楽とも遠のきがちである。
ましてやブログを更新するなんて気も起きず....てな感じである。

ともあれ、今日はのんびりと自宅で過ごしていたので、久しぶりに
レコード・ラックの前でゴソゴソすることになった。

ラックの一部にSP盤を平積みしている場所があるのだが、何気なく見ると、
少しズレていたので全部(とはいえ30枚程度です)引っ張りだして
積み直しをすることに。

ふと目が止まり、引っ張りだしたのがこれ。

Rhapsody_in_blue_2
『Rhapsody in blue - Paul Whiteman Orch.
                 with George Gershwin』
  RCA VICTOR 35822


随分昔、Debut のSP盤を探していたころ、eBayでMax Roach盤を1枚発見し
落札した。1枚だと送料がもったいないので、
「ほかに何かBop、Be-BopのSP盤持ってないか? LPでもええで」
と尋ねたところ、Sellerはクラッシック専門のコレクターのようで、
「SPはクラッシックしかないなぁ。Dialのパーカーを少し持ってたけど
  売ってしまった。残念ながら、今は何もない。
  ただ、お前の希望とはあわないかもしれんが、ガーシュインの
  "Rhapsody in blue"ならあるぞ。
  しかもこれ、ガーシュインがピアノを弾いとる。どうや要るか?」
「ガーシュインがピアノを引いてるって?!!?  要る要る、要るでぇ」
てなことになった。

実は私、"Rhapsody in blue"が大好きなんです。
しかも、作曲者のピアノが聴けるなんて!!!
当時はうきうきして到着を待ったこと思い出す。

久しぶりに聴いてみた。
内容はというと、なんとも言い難いというのが正直なところ。
当たり前といえば当たり前なのだが、とにかく録音が古いので戦前の
ラジオ放送みたいな感じ。
録音時期は不明だが、ガーシュインが没したのは1937年。つまり昭和12年。
"Rhapsody in blue"の発表は1924年(大正の末)なんで、この間に録音
されたものなんだもんなぁ。
但し、ガーシュインのピアノ・ソロはタップリ。
音はよくないがガーシュイン、オーケストラのプレイはなかなかのもの。
なんともいやはや、へぇーそうですかぁ...と、変な感心をしながら
両面聴き終える。

もう既に歴史上の人物になっている希有の天才作曲家のプレイに接する
ことができるのはありがたい。
もっといい録音技術で残されたものであればもっと素晴らしく聴けるの
だろうに、というのはかなわぬ夢だわな。

久しぶりにマイルスの「ポギーとベス」でも聴くか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »