« ガーシュインのラプソディ・イン・ブルー | トップページ | 『古谷充 - ファンキー・ドライブ』 »

2008年3月24日 (月)

『The Diamond Five - Sister Sadie』

久しぶりに海外から荷物が届く。
レコードは買わないことにしていたのだが、訳あって最近2箇所へ
送金していた。
その内のひとつが届いたしだい。

Diamond_five_1Diamond_five_2Diamond_five_3   




『The Diamond Five - Sister Sadie』
  not commercial issue, Flexi

オランダの電機メーカーERRES社が販促用に配ったFlexi(ソノシート)だ。

先月、5~6年前までよくヨーロッパ盤を譲ってもらっていたオランダ人の
コレクターからメールが届いた。

「お前が昔探していたダイヤモンド・ファイブのflexiをみつけたで」

あなた、未だ探してたの...こちとらレコード馬鹿を辞めたのに...
とか思いながらメールを最後まで読むと、

「うちの親父がダイヤモンド・ファイブが好きだったらしくてな。
 若いころよくライブに行っとったそうや。
 実はこのflexi、親父の部屋を大掃除した際に出てきてな。
 ふとお前のことを思い出し、久しぶりにメールしたしだいや。
 前に譲ったOmegaのEP2枚も実は親父のコレクションやったんや。」

ともかく提示額が安かったのでひと安心し、譲ってもらうことになった。

思ってたより素晴らしいプレイでビックリ。
痛快なハード・バップである。

細かいデータは判らないが、プレイ内容からみてFontanaでアルバムを
リリースしたころ以降のものではないか。

しかしヨーロッパでは販促でシングル盤やソノシートを配るというのが
流行ったのだろうか?
電機メーカーやレコード・レーベルなら判らんでもないが...
これ以外に、お菓子屋さんが配ったMonica Zetterlundのソノシートや
これもお菓子屋さんが配ったものだが、Georges Arvanitasのシングル
盤(内容はプレトリア盤LPからの抜粋)が手元にあるが、他にもそそられる
ようなものが存在するのだろうか。

いかんいかん、また蒐集癖がぶり返しそうだ。

|

« ガーシュインのラプソディ・イン・ブルー | トップページ | 『古谷充 - ファンキー・ドライブ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129791/40611414

この記事へのトラックバック一覧です: 『The Diamond Five - Sister Sadie』:

« ガーシュインのラプソディ・イン・ブルー | トップページ | 『古谷充 - ファンキー・ドライブ』 »