2008年4月15日 (火)

『Free - Fire And Water / deluxe ver.』

今日は約一年ぶりに甲子園球場へ。
野球観戦も楽しみであるが、リニューアルの状況も興味津々で仕事帰りに
いそいそと出向く。

確かにファールグランドが少し狭くなった印象。
座席は前から11列目だったせいもあって、選手が近く感じられた。
座席も前の席との余裕ができ、なかなか快適である。

さて試合であるが、両先発のピッチャーのデキが良く、いいテンポで進む。
このままいけば藤川もみることができると思っていたら、阪神8回の集中打
で駄目押し追加点をもぎ取る。
ありゃまぁ...藤川の出番消滅ですわ。
特に阪神タイガースファンということでもないので、せっかくなら藤川を
みたかった。

座席が良くなったことだし、パリーグに生で観たい選手が多いので、交流戦
あたりでまた足を運ぼうかな。

Tc20080415_1Tc20080415_2Tc20080415_3    




◇  ◇  ◇  ◇  ◇

テンポにいい試合だったので、帰宅すると未だ21時半ころだった。
速攻で風呂を済ませ、ビールを抜いて溜まってるCDを聴くことに。

Fire_and_water_dlx


  『Free - Fire And Water <Deluxe Version>』


おまけ付きのデラックス・バージョンが出ると、既に持っているタイトルにも
関わらず買ってしまう...困ったものである。

Freeは大好きなバンド。
これは、Freeのアルバムの中で一番好きなタイトルだ。というか、ブリティッシュ・
ロック系のアルバムの中でも BEST 5 に入るくらい好きなアルバムである。

BBCやライブの音源が入ってるということで楽しみにしていたが、ボーナス・
トラックの多くが彼らのヒット曲『Fire And Water』と『All Right Now』なん
ですねぇ。
いくら好きだといっても同じ曲ばかりじゃなぁ...
バド・パウエルの『ウン・ポコ・ロコ』を思い出しましたわ。

でも、音もマシになってるし、久しぶりに聴いたが、ええアルバムですわ。

巨人も負けたみたいやし、気分よく寝れそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

ポリス in 大阪

The_police_live




2月10日にポリスのライブに行ってきた。

私にとって、あまり思い入れの強いバンドではなかった。

でも80年前後に彼らがリリースした数曲のヒット曲の印象は強烈に残っている。

また、京都に住んでいた頃、たしか80年だったと思うが、京大西部講堂での
ライブを友人に誘われたが、オールスタンディングがイヤでパスしたことを
しばらく後悔したことも思い出した。
西部講堂から徒歩10分程度のところに住んでいたのに..

なにより、スティングを生で観たい!! 聴きたい!!

てなことで、チケットを押さえた。

前座に「Fictionplane」。
スティングの息子がメンバーにいるバンドだそうである。
「ポリス」と同じ編成で、息子がボーカル、しかもこの息子、おやじと同じ
ベースをプレイする。
ボーカルが親父そっくりでテクはまぁまぁ、非常にキャッチーなロックバンドだ。
楽曲に恵まれ、もう少し個性が出れば売れるかも。
前座としては丁度良く、いい感じであったまる。

いよいよポリス登場。

一発目は『孤独のメッセージ - Message In A Bottle』。

ウヒョー!! スティングや!! これやこれ!! この声や!!

殆どMCもなくノンストップ。

『De Do Do Do, De Da Da Da』、『Roxanne』、『Don't Stand So Close to Me』....
お馴染みのナンバーが出てくるたびに心が踊る。

ラストのあたりで、やっと『見つめていたい - Every Breath You Take』。

それまで、「スティングのバンドやなぁ..」と感じていたのが一瞬で吹っ飛び
「やっぱりポリスや!!」と感じ入ってしまう。

スティングがウッド・ベースを弾いていた当時のモノクロのPVが頭に浮かび、
一気にタイムスリップした感覚にとらわれた。

自分で認識してた以上に好きだったのかも。

大満足のライブであった。

Kyocera_domeThe_police_live_stage
会場の京セラドーム大阪
開演前のステージをコッソリ....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

『3 Great American Voices』

Osaka_jo_hall_200711063_great_american_voices 




キャロル・キングを聴いてきた。

『3 Great American Voices』と題されたライブ。
キャロル・キングの他に、メアリー・J・ブライジとファーギーが登場。
何れもビッグ・ネームのアーティストである。

もちろん狙いはキャロル・キング。
今年のゴールデン・ウィーク頃に来日の情報を入手して、チケットを
押さえたのが6月中旬頃。
やっと今日という日がやってきた。

1990年に一度来日してたそうだ。
当時、ジャズにトチ狂ってたのでロック系の情報は耳に入らず、来日して
たことなんて全く知らない。

生でキャロル・キングを見る、聴くことができるなんて叶わないと思ってた。
彼女も65歳、間に合った!!という感じだ。

で、ステージの様子であるが....

3番手で登場。
弾き語りの「Home Again」でスタート。
最初のピアノの音、その後の歌いだし、正にキャロル・キングそのもの。
いきなりさぶいぼ(=鳥肌)が出ましたわ。
その後も「So Far Away」、「Sweet Season」、「You've Got a Friend」、
「Smackwater Jack」...シメは「I Feel the Earth Move」。
いやぁ~全く、たまりませんな。
曲間のMCではおちゃめぶりを発揮。
「Smackwater Jack」でギターをプレイする姿なんてかわいいったら
ありゃしない。

言わずもがな、70年代の世界のミュージック・シーンを代表する一人。
改めて彼女のソング・ライティングの才能が希有であると思った。
だって、60年代には職業音楽家として、もはやスタンダードとなっている
「ロコモーション」、「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」も
生み出してるんだもんな。

さて、あとの二人だけど...

メアリー・J・ブライジ。
名前は知っていた。
なんといってもR&Bのトップ・スターである。
バツグンのステージだ。
ソウルフルな彼女のパフォーマンスもさることながら、ブラザー&シスターで
しめたバッキング・メンバーが最高。
特に、ドラムとベースのキマリ具合ったら、ため息出るくらいのデキ。
少し90年代の香りが漂う感もあって、これはこれで大満足。

ファーギー。
この人が一番ビックリ。
”ヒップ・ホップ系アーティスト”という程度の情報しか持って
いなかった。
前半のヒップ・ホップ・ナンバーも良かったが、バラードを歌った時の
歌の上手さに舌を巻く。
セクシーでパワフルでキュートでステージングもうまい。
何故かバツグンに勢いのあったころのシンディ・ローパーとイメージがダブル。
2006年のファースト・ソロ・アルバムから3曲がビルボードのNO.1に
なったというのもうなずけるほどの良さだった。

ワールド・マーケットを相手にし、ヒット・チャートやグラミー・アワードを
騒がせているアーティストのパフォーマンスというものは、さすがにスゲーな
という感じである。

オーラスは3人揃ってキャロル・キングの「Natural Woman」で締め。

いやぁ~楽しめましたわ、ほんとに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

アラン・トゥーサン in 大阪

Allen_toussaint アラン・トゥーサンを聴いてきた。

 元祖ニューオリンズ・ファンク。
 キャリア・スタートは50年代。
 ミュージシャンというよりプロデューサー、
 メロディ・メーカーとしての活躍が
 大きい人である。

Southern_nights彼のリーダー・アルバムとしては、やはり70年代半ばの『Southern Nights』が
ベストでしょうね。
よくよく思い起こしてみると我が家で聴ける音源はこのアルバムだけ。

今回どうしても聴きたいと思ったのは、彼がプロデュースした"Meters"や
彼から多大な影響を受けた"Dr.John"、"The Band"、"Little Feet"らが
My Favorite Musician & Bandであるからだ。

今回は彼のピアノの他、ベース、ドラム、テナーのカルテット構成のバンド。
まぁともかく、ニューオリンズ・ファンクど真ん中 といったプレイである。
いい意味で「ユルく」、「枯れた」感じがエエ味だしてます。
終始、身体が動きっぱなし。ライブはこうでなくちゃね。
しかも、ラスト(アンコール前)に代表作の"Southern Nights"をしっとりと
した弾き語りで持ってくるなんざ、ツボを心得たニクい演出だ。

終演後、握手をしてもらった。
すごくゴツイ手だ。
人懐っこい笑顔で「Thank you!!」と言われ、ジーンとくる。

とても気持ちのいい一夜であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

ファンキー・モンキー・3連休

なかなか有意義な3連休だった。

本当は、まだ未消化の夏休みを入れて5連休としたかったけど、
そうはイカの○ン□マ...残念!!

まずは金曜日。

Death_proof 最終上映回でタランティーノの最新作、
『デス・プルーフ・イン・グラインドハウス』
を観る。

スゲー!!!!!
タランティーノさん 久々のクリーン・ヒットですな。
キャスティング、ミュージック、カー・チェイス..全てグレイト!!
こういうのを "エクスプロイテーション"というのだそうだ。
スラッシャー、ドラッグ、セックス(エロ)満載で胸焼けするほど
美味しい映画でした。
最後の数分間は隣席のガイジンさんにつられて大爆笑、エンディング
では大拍手である。
思わずスタンディング・オベーションしてしまいそうだった。
これは映画館で観ないとダメな映画やね。

変にアタマがヒート・アップしてしまい、メシも殆ど喰わず、
馴染みのバーで朝までノリノリでがぶ飲みしてしまう。

土曜日。
前夜のはしゃぎ過ぎでふらふら。
何とか11時ころに起床する。
有馬温泉に行こうと思ったが予想以上の暑さに計画変更。
さっさとシャワーを浴び、終日引きこもることにする。
デーゲームの阪神-中日戦を観ながらずっとCDを聴く。
どうやら昨日を引きずったままのようだ...
ピック・アップはこんなのばかり、ファンク大会である。

You_gotta_take_a_little_loveHot_dogJbsOn_the_corner   





Soul_isStandLife_on_planet_grooveLook_ka_py_py   





Horace Silverの『You Gotta Take A Little Love』は意外な収穫。
20年近く前に買ったアナログがあるはずだが、今年の初頭になって
CD化されたので買っておいたもの。今頃やっと開封である。
内容の記憶は全くなかったが、意外や意外、なかなかの内容である。
正にホレス・シルバー節のファンキー・ジャズ。
フロントがBennie Maupin、Randy Breckerていうのも今回やっと
気づく始末。
CDもアナログも棚の肥やしにしてる場合じゃないなぁ...

ふと気づくと野球も阪神勝利で終わってる。
ていうか、もう結構な時間になっている。
本日2度目のシャワーを浴び、軽く食事をしてそうそうにベッドに
もぐり込む。
が、なんと酒を抜いたせいかなかなか寝つかれない。
本でも読めば寝れるやろ、と思いきやこれがまた逆効果。
本に熱中し、途中ネットサーフィンしたりしてるとなんともう朝6時。
テレビをつけると、口がへの字の坊ちゃんと、ずるそうな坊ちゃんの
話ばかり。
わが国は坊ちゃんしか宰相になれないのか...ゲンナリである
完徹しようかとも思ったが、後にガツンと効いてくるのがイヤなので
3時間ほど眠る

日曜日。
ヘロヘロ状態で起きたのが11時ころ。
買い物がてら、前から気になっていたラーメン屋へいくことにする。
目指すは、今年店を閉めた池袋の大勝軒の暖簾分け「西宮大勝軒」。
店は直ぐに発見できたが駐車場がない。
10分ほど周囲を回った末、200mほど離れたパチンコ店に駐車し、
少し並んでやっと店内へ。
まぁまぁですな。そこそこうまいと思うが激賞するほどでもなし。

さっさと買い物をして帰ろうと思っていたが、少し勝負するか となり、
パチンコ店へ。
日頃の行いがいいせいか、なんと18箱もゲット。
えらい収穫でごきげんさんになり、帰路、高級食材を買い込み、
自宅で祝勝会。
明日も休みという気楽さと寝不足から、久しぶりに家で泥酔する始末。

月曜日(敬老の日)
午前9時頃まで熟睡する。
しっかり寝たせいか体調も悪くない。
バカなことばかりして連休明けに疲れを残すパターンは避けられそう。
やれやれである。

午前中ボーっと過ごした後、午後は家の片づけをし16時過ぎに出かける。
メシオ・パーカーを聴くため、旧「大阪ブルーノート」改め「ビル・ボード
・ライブ・大阪」へ向かう。

Maceo_parker_live_2 "JB's"、"JB Horns"のメンバー Fred Wesley(tb)
とPee Wee Ellis(ts)がスペシャル・ゲストだと
聞いて、すごく楽しみにしていたライブである。
さすがにブラザー達のファンク・スピリッツは
スゲーの一言。
これで Bootsy CollinsやJabo Starksがいたら
気絶するやろなぁ。
そんでもって御大JBがいたら即死やね。
途中からダンスフロアと化した濃厚な90分、堪能させてもらいました。

ライブがはねた後、真っ直ぐ帰ればいいのに、余熱にやられたのか、
タクシーを止め「ミナミへいって」てなことに。
結局がぶ飲みしてしまい、帰宅すると27時。

今日(火曜日)は何とか仕事をこなし、そうそうに帰宅。
酒を抜き、そうそうにベッドへ入ることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

『小野リサ - Soul & Bossa』

昨日、今年の夏は過ごしやすい(実際に昨晩は寒いくらいだった)と書いた
とたんに今朝はカンカン照りである。
早朝からセミの声がやかましいのなんの。
いよいよ夏本番である。

7月初旬にノドを痛めた際、まともにメシを喰わなかったせいか5kgほど
体重が落ちた。
以来、酒のがぶ飲み回数を減らし、食事にも気をつけてるので何とか
キープできている。
過ごしやすさも相まって、ここのところ体調が良く、いい感じである。
このままあと5kg落とせたら20歳代のベスト体重になるんだがなぁ...

  ◇  ◇  ◇  ◇  

小野リサの最新アルバムは、ソウルのヒット・ナンバーのカバーと聞いて
早速手に入れた。

前作のアメリカン・トラディショナルのカバー・アルバムが結構良かった
ので期待感大である。

Soul_bossa

 『小野リサ - Soul & Bossa』



で、聴いた感想であるが、微妙であるなぁ。

Ray Charlesの"Unchain My Heart"や Otis の"The Dock Of The Bay"、
Marvin の"What's Going On"、Danny Hathaway や Stevie Wonder...

ソウルを代表するヒット・ナンバーがずらりと並んでいる。
が、オリジナルの個性が強い曲ばかりのせいか、ボッサ・アレンジによる
カバーは前作ほど上手くいってないというのが正直なところだなぁ。

なぜか入ってる Charole King の"You've Got A Friend"がベストかも。

少し間をおいて再聴することとしよう...印象が好転することを願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

トニー・ジョー・ホワイト in 大阪

昨日は Tony Joe White を聴きに心斎橋クワトロヘ。
開演15分前に会場へ入り席に付くと、ステージとの距離は4m程度。
これこそ小さな小屋ならではの醍醐味だ。

定刻ちょっとすぎにいよいよ登場
登場直後に発したマイクテストの声でもう小屋はトニー・ジョーの色になる。

野太い声で時に呟くように時にシャウトするように。
あっという間の80分。

いやぁ~たまりませんわ。
期待も大きかったけど、期待以上の内容に大満足。

いまだに第一線で活躍する最高のブルースマンであり最高のロッカーやね。


趣味のいいブッキングをする呼び屋さんの「トムズ・キャビン」が今回の主催。
代表が前説に登場しこんなことを言っていた。

「自分も、聴きたいミュージシャンも、いつ死んでもいい歳になってる。
  『聴かずに死ねるか』というシリーズ企画を進めたい。
  その第一弾はどうしてもトニー・ジョーにしたかった....』

生で聴きたい見たいと思うのはジジ・ババばかりになっている。
ここ数年は「次は無いかもしれない」と思いライブに行くようになった。
内藤陳みたいなことをいいやがって、と思わず笑ってしまったが、まさに
そのとおりだ。

『聴かずに死ねるか』第二弾は Amoss Garret だそうだ。
きっと行くことになるんだろうなぁ

第三弾以降もとても楽しみである。

ライブはこんな感じでした。(写真は「トムズ・キャビン」さんのサイトから)
Tony_joe_white

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

スティービー・ワンダー in 大阪

スティービー・ワンダーのライブへ行ってきた。

とにかくスゴイのひとこと。
ここ数年でいったライブの中でベストだったかも。

曲の良さはもちろんだが、彼の声は健在(これにイチバン感激した)。
ステージングも最高だし、バッキング・プレイヤー、コーラス&ダンスの
Brother & Sisterがカッコよすぎる。

スタート直後から一気にステージに引き込まれ、あっという間の2時間。
堪能させてもらいました。


実のところ今回のライブはあまり期待していなかった。

スティービーは何度も来日しているのだが、80年代半ば以降はあまり
関心がなくなっていたので来日公演は気に留めることがなかった。

すこし前にK-1の国家斉唱で登場した時は、「何をやってんだ、
こいつは...」といささかあきれてテレビをみていた。

昨年は約10年ぶりに新譜をリリース、しかし特に興味もなく聴いても
いない。

今回の来日も知らなかったんだが、ひょんなことから大阪公演の良席
を確保できることになったので、「とりあえず生スティービーを拝むか」
程度の気持ちで会場へ。


帰路、「スティービーがスゴイのは当然やが、こんだけ楽しめた
のはやっぱり ノスタルジーなんやろか...」と思いを巡らす。

Songs_in_the_key_of_life『Songs In The Key Of Life -76年』が最初に購入した彼の
レコードだった。サンタナの1stの廉価盤(1500円だった)と
同時に買った。
当時はまだ親がかりのガキ、高価なLPを2枚同時に買う
なんてまずなかったのでよく覚えている。
しかも一つは2枚組だし..大散財である。
Talking_book
その後、小遣いを貯め、遡って『Talking Book - 72年』、
『Innervisions - 73年』の2枚を手に入れ、 フェイバリット・
ミュージシャンの一人となる。
でも、この3つのアルバム以外に当時リアルタイムで入手
したのは『Hotter Than July - 80年』まで。
この後、ポール・マッカートニーとの"Ebony and Ivory"や
Innervisions"We Are The World"でのパフォーマンスが記憶に残るが、
彼の新譜を追うことはなくなった。
(このころからジャズにのめり込み始めたのも理由の一つ)

フェイバリット・ミュージシャンといえども、私にとってのスティー
ビー・ワンダーは『Hotter Than Hotter_than_julyJuly』までである。

今回のライブでは、最近TV-CMで耳にする最近の曲も数曲
あったが、残りは全て『Hotter Than July』までの楽曲からの
ベスト・チョイスであった。
つまり、私にとってだけでなく、一般的にもスティービーは80年
代前半までということか。

今回の彼のパフォーマンスを見ると、このまま懐メロ・ミュージ
シャンで終わってしまうのはもったいない。
(それはそれで悪くはないけど...私にとっては...)

70年代のように、すばらしい楽曲を泉のように生み出して
ほしいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月22日 (木)

『Tony Joe White - Uncovered』

ひどいカゼをひいていたのだが、ようやく治まりそうである。
先々週の金曜日ころからゴホゴホと始まり、やっと頭のモヤが消えそうだ。
先週は咳が止まらず腹筋が攣りそうになり、このままいくと腹筋が見事に
割れるのではと密かに期待したほど...

そんなこんなで、ここのところ自宅で何も聴く気になれないでいたんだが、
頭がすっきりしてきたので久しぶりにアンプの電源を入れた。

Tony_joe_white_uncovered

 『Tony Joe White - Uncovered』



昨年、友人の大絶賛に触発され買っておいたのだが、なぜか今日まで封を
開けずにいたもの。

カゼでウンウン唸ってた時に「Tony Joeが4月に来るで!!」との知らせを
件の友人から受け、あわててチケットを予約したばかりだった。

大好きなスワンプ・ロックの巨人のひとりであり、マイ・フェバリット・
ミュージシャンのひとりでもある。

コンスタントに新録をリリースしてるので、毎回楽しませてもらっているが、
この最新作(とはいっても2006年秋リリース)は、ゲストにEric Clapton、
The_road_to_escondido J.J.Cale、Michael McDonaldらが参加していて、いつになくゴージャス。
「こんな大物ゲストがたくさんいて大丈夫かいな?」と少し不安もあったが、
やっぱり御大は御大ですわ。
いつもと比べ若干あっさり感はあるも、Tony Joe節炸裂であっという間に
全曲聴き終える。
同時期発売のClapton&J.J.Cale名義の『The Road to Escondido』も結構
良かったがこっちの方がエエねぇ。
こりゃしばらくヘビー・ローテイションになりそうだな。
(早速iPodへも書きこんだ)

ともあれ、4月のライブが本当に楽しみになってきた。

 http://www.tonyjoewhite.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

『Julie Driscoll & Brian Auger - Open』

2月9日は Brian Augerのライブに行く予定だった。
ジャズ・ロック(どちらかというとロック寄りかもしれんが...)の
ビッグ・ネームであるが、なんと今回が初来日ということ。
昨年来日決定を知り、大慌てでチケットをおさえすごく楽しみに
していた。
ところが先週末、開演時間を確認しようと主催元のサイトをチェック
すると、

「大阪公演はアーチストの都合により中止になりました」

との記載が....

東京でのライブは予定どおりだそうだ。

Brian Augerも、もう結構な歳になっているはず...
何があったのか判らないが、楽しみにしていた私には少々酷な中止決定。

残念な思いを噛みしめながら今日は久しぶりにこれをきいた。

Brian_auger_open

 『Julie Driscoll & Brian Auger  - Open』



Brian Auger 最初期のリーダー作。
UK Rockのコレクターズ・レーベルである"Marmalade"に彼は2枚の
アルバムを残している。
もう一つのタイトルは「Street Noise」、2枚組である。
この[Street Noise」やレーベルを変わってからの『Before』とかも
なかなかだが、やはりこの『Open』がベストだと思う。

ギターをフューチャーしたジャズファンク的なノリのセッションは
ウエスの影響がモロ。(Terry SmithのFall Outの感じ)

もう一方の楽しみは Julie Driscoll のボーカルをフィーチャーした
ナンバー。これがとにかくバツグン!!

3年ほど前に掲載画像のとおりのUK OrigのカバーでCD化されたのは
朗報でしたな。

私は、UK Orig盤を モノとステレオの両方を今だ手放せず保有。
もちろん、CDもアメリカ盤(ATCOでリリースされた際のジャケ)は
もとより、件のUKジャケ仕様のものも持っております。

しかし、公演中止は本当に残念。
いい席を確保してたのになぁ....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

live show | music - jazz | music - others | non genre | video & movie